« 2023年9月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月25日 (土)

神在月 出雲大社

11月は全国の八百万の神々が出雲の国に集まるため神がいなくなる神無月と呼ばれていますが、出雲の国では神在月
と呼ばれ神々が集まって縁結びや、五穀豊穣、無病息災について話し合われます。
出雲の国が神の国・神話の国として知られていますが、その中心が大国主大神様をおまつりする出雲大社です。
大国主大神様は、だいこく様といなばのしろうさぎの神話で親しまれている優しい神様です。
また“えんむすび”の神として広く知られていますが、この“縁”は男女の縁だけではなく、生きとし生けるものが共に豊かに栄えていくための貴い結びつきです。そして、日本の悠久なる歴史の中で、代々の祖先の歩みを常に見守られ、目に見えないご縁を結んで下さっているのが大国主大神様なのです。
今回出雲大社に参拝し特に強く祈願してきました。
2_20231125094601Img_2479Img_2474Img_2476Img_2475


Img_2472 Img_2470 だいこく様がかわいそうなウサギを救っている像
Img_2481

| | コメント (0)

2023年11月24日 (金)

日本一の庭園 足立美術館(島根)

足立美術館は130点におよぶ横山大観の作品と日本庭園で有名でその庭園はミシュラングリーンガイドジャポンや日本庭園ランキングで非常に高い評価を得ており2003年から2017年まで15年連続して日本一に選出されている庭園です。
Wikipediaより:
地元出身の実業家・足立全康(あだちぜんこう、1899年 - 1990年)が1970年(昭和45年)、71歳のときに開館したものである。
質量ともに日本一として知られる大観の作品は総数130点にのぼり、足立コレクションの柱となっている。

足立美術館のもう一つの特色は、その広大な日本庭園である。庭園は「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など6つに分かれ、面積5万坪に及ぶ。全康自らが、全国を歩いて庭石や松の木などを捜してきたという。 専属の庭師や美術館スタッフが、毎日手入れや清掃を行っていて「庭園もまた一幅の絵画である」という全康の言葉通り、絵画のように美しい庭園は国内はもとより海外でも評価が高い。 日本庭園における造園技法のひとつである借景の手法が採られ、彼方の山や木々までも取り込んで織り成す造形美は秀逸である。


ライブカメラ

11月21日撮影
Img_2485Img_2487Img_2488Img_2489Img_2490Img_2493Img_2496Img_2497

| | コメント (0)

2023年11月23日 (木)

鳥取砂丘 砂の美術館

砂を素材にした彫刻作品を展示する世界初の美術館。世界の彫刻家が集まり、鳥取砂丘の砂と水だけで作られているのは驚嘆する。
今年の展示テーマは、2022年はエジプトの独立100年の節目にあたることから「エジプト」に選定。

Img_2433Img_2453Photo_20231123150401Img_2448Img_2447Img_2446Img_2444Img_2435

| | コメント (2)

2023年11月 2日 (木)

スーパーカミオカンデを知ろう

8月にドライブ旅行の途中に偶然カミオカンデの前を通りかかり見学した時のことが印象に残っている。
スーパーカミオカンデは、岐阜県飛騨市神岡町旧神岡鉱山内の地下1000mに設置された、東京大学宇宙線研究所が運用する世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置である。ニュートリノの性質の全容を解明することを目的として、1991年12月に着工され、1996年4月より運用を開始している。
スーパーカミオカンデでニュートリノ振動を発見した梶田隆章氏は、2015年にノーベル物理学賞を受賞しました。
実験を主導した小柴昌俊氏は、2002年のノーベル物理学賞を受賞しています。

 

3分でわかるハイパーカミオカンデの目的

5分でわかるスーパーカミオカンデ 

動画ではないので下記のURLで情報を得てください。
https://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/sk/about/5min/
Nyutorino

Img_2195_20231102065401 Img_2183_20231102065401 Img_2184_20231102065401 Img_2176 Img_2177 Img_2178_20231102065401 Img_2180 Img_2179_20231102065401 Img_2181_20231102065401 Img_2182_20231102065401

| | コメント (1)

« 2023年9月 | トップページ | 2023年12月 »