スポーツ

2017年12月 9日 (土)

大相撲の危機と白鵬

日馬富士の暴行事件で、連日いやというほど推測による勝手な報道が続いているが今大相撲の将来に危機を感じる。
本質を考えなくてはいけない。

国技としての大相撲は公益財団法人として保護されてきた。
公益財団法人ということは、すなわち単なるスポーツ興行ではなく、古来より伝わる日本固有のスポーツである
相撲の伝統と文化を後世に伝え、守り、普及させるといった文化振興事業ということだ。
400年に及ぶ相撲の歴史と伝統が一旦破壊されると元には戻せない。

大相撲を巡る不祥事は以前より
力士暴行死事件、大麻事件、野球賭博事件など度重なり起こしていたが性懲りもなくまたかと思わせる。
八角理事長率いる相撲協会がいつまでも改革されることなく閉鎖性、排他性が一般常識と角界の常識の違いを際立たせている。
今回の暴行事件は協会、特に八角理事長の指導力のなさが浮き彫りになり適切な対処がなされていない。

白鵬に遠慮するあまり協会はもはやモンゴル勢をコントロールできていない。重い歴史と伝統を再認識し毅然と組織として対処、指導しなくては大相撲は崩壊の道を進む。

もはや白鵬は横綱として品格の欠ける張差し、エルボー、ダメ押しなど目を覆う相撲内容、更には行事にクレーム、勝手に万歳など協会の指導を軽視し続けている。

誤解無いように言うがこれまでは白鵬は強く、立派な成績も残し日本の大相撲に大きな貢献をしてきた事は
間違いなく立派な大横綱だった。

しかし品格は強ければよいという価値観を強く持ち、勘違いをするようになり協会が弱腰なのをいいことに
勝手な振る舞いをしている。
世論も事実が漏れ出るたびに白鵬への不信感を強めている。

今回の事件を事実のみから考察すれば、
白鵬は何かの意思が働かない限り、貴ノ岩が大けがをするまでに間違いなく止める事はできた。なぜ止めなかったのか、
また事件を親方、協会に報告しなかった。事実をすべて話していない。全ての膿を出すとは一体何だったのか?

モンゴル会は八百長とか集団リンチ的な要素も見え隠れして、大相撲にとって異質で良い作用をしているとは思えない。
一方
貴乃花も協会の理事でありながらかたくなに協会にたてつく印象は極めて良くない、もっと賢い対応法はあると思うが不器用さが目立つ。

次の理事会で貴乃花の降格が取り沙汰されているようだがやむを得ないかもしれない、しかし事件がなかったら
協会にたてつくこともなかっただろうし志も大相撲の将来を考えての行動が伺える。

もし貴乃花に処分が下される場合、同時に白鵬にも国民の納得のいく処罰があってよい。
何しろ白鵬は協会を無視し大相撲を愛する国民を欺いている。モンゴル会の悪癖を質す機会でもある。

そして忘れてはならないのは、協会は被害者の貴ノ岩に配慮すべきである。
二場所連続で休場すると幕下に落ちる決まりはあまりにもむごい。休場になったきっかけはあくまでも暴行の被害を受け本人の責任ではない、
救済措置を考えるべきである。

更に懸念すべきは白鵬が理事長になる流れがあるという。もちろん白鵬を否定し何が何でも反対するわけではないが
日本の相撲道、品格を理解しないまま反省のないまま理事長になり、モンゴル色を強く出してくると間違いなく大相撲は日本のものでなくなりその本質が失われるだろう。

八角理事長は将来を考える最も大きな責任を背負っているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

黒田投手にありがとう

Images

広島出身の私は黒田投手のような選手がいる広島カープファンであることが誇らしい。

昨日黒田投手が日本シリーズを控えて突然引退発表をした。
予測はしていたものの感慨がある。

彼はファンとのつながりを何よりも大切にしメジャー移籍の時もファンの懇願により1年延期した。
そして昨年メジャーからの20億のオファーを蹴って年棒4億円の広島カープに戻ってきた。

それから2年間ファンと共に、盟友新井と共に、後輩の範となり一体感のあるバランスのある強いチーム作りに
貢献した。

今年の黒田投手は念願の200勝を達成し25年ぶりのリーグ優勝を達成し本当に充実感のあるシーズンだったのが伝わってくる。

彼は自らの選手生活を通じ、金がすべてのように言われる世の中で、人間の価値観が何たるものであるかを
教えてくれた。
彼には野球ファンに限らずすべての人が共感し称賛する。

やめるタイミングも球団首脳と新井選手に伝え、選手、スタッフ全員に伝えた後で記者会見で発表したが,考えられたベストタイミングと思うし日本シリーズがいやが上にも盛り上がる。
大谷選手に打ち込まれてもそれはそれで素晴らしい対決であるが、なんとしても最後に日本一になって花道を
飾ってほしい。

Images_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

滋賀県中学校体育連盟の春季総体&野球大会

5月19日~20日の2日間五月晴れの中滋賀県皇子山運動公園において滋賀県中学校体育連盟の

春季総体が開催され,県下の中学校の陸上部が集まり日ごろ鍛えた種目を競い合った。

隣の皇子山球場では大津市中学校の軟式野球大会が開催された。

生徒たちは非常に元気よく、見ていてすがすがしく気持ちよかった。

入場ゲート
Img_0825

女子1500メートル
Img_0831

男子3段跳び
Img_0830

女子400メートルリレー
Img_0816

場外で待機する生徒
Img_0820

公園テントで休憩する生徒
Img_0826

野球大会準決勝
Img_0828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

びわ湖毎日マラソン 北島寿典が日本人トップ

6日曇天の中びわ湖毎日マラソンは、12時30分スタート、滋賀県大津市の皇子山陸上競技場で行われ、北島寿典(31=安川電機)が2位(日本勢トップ)でゴールした。タイムはリオ代表にほぼ決まりの2時間9分16秒。優勝はルーカス・ロティッチ(25=ケニア)で2時間9分11秒。
B8631808884d368733b2f3f8f29c4521

皇子山陸上競技場
Dsc01904

待機する報道陣
Dsc01898

先導白バイ隊
Dsc01905

スタート20分前
Dsc01909

スタート直前
Dsc01916
Dsc01919

スタート
Dsc01921

2位でゴール
Dsc01927

Dsc01925

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

歓喜! カープファン

風薫る5月は鯉のぼり、カープの季節だ。
カープファンに取って今日5月5日こどもの日は記憶に残る特別の日になるだろう。

こんな気分のいい日はない。
え、まさか、ほんまか? 何と首位巨人に13対1という大差で勝利したのだ。

近年、カープ女子、イケメン球団、等話題が多く人気上昇中であったが今年は黒田がメジャーから帰ってきた。

メジャーで活躍中の黒田がヤンキースからの20億円のオファーをけって4億円のカープに戻ってきたことでカープファン、プロ野球ファンのみならず、国民の多くがその男義とカープ愛をに魅せられ、称え一気に人気が盛り上がった。
野球解説者の多くがカープを優勝候補にあげファンも信じて疑わなかった。

にも拘らず開幕以来最下位と低迷していたいやなムードを、今日の1勝で一気に吹き飛ばした
今日からカープは上昇気流に乗り優勝へ向けてまっしぐらに進むだろう。

Carp


巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
広島 10 2 1 0 0 0 0 0 X 13


勝利投手
前田 3勝 2敗

敗戦投手
杉内 3勝 1敗

ホームラン

[ 広島 ] 鈴木誠 2号(1回裏2ラン) 、會澤 1号(2回裏2ラン

[巨人 ] 長野 1号(8回表ソロ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

歓喜! 2020年オリンピック 東京に決定


2020年のオリンピック開催地に1964年以来56年ぶりに東京に決定した。
投票数は決戦投票のの結果東京60票、イスタンブール36票であった。

決定の瞬間、太田雄貴の涙の喜びの姿が印象的であった。

オリンピック招致委員会のメンバーはチームワークよく本当によく頑張った、ありがとう、ご苦労様と言いたい。

4年前大きな反対の中、石原都知事がオリンピック招致を訴えたことが思い出され、その努力が今結実してよかった。

しかし忘れてはいけないこともある。
それは福島の汚染水問題が国際的に大きな関心事であって、日本の対応は甘く、不十分なことを反省し改めて
真摯に向き合わなければならない。

それと5回目の挑戦であったイスタンブールの落胆は大きく、多大の投資を無駄にしたが、これが日本の落選であったらと思うとやりきれない思いだ。
オリンピック委員会(IOC)を増長させる何でもありの選考方法に疑問を感じるし、考え直すべきと思う。

今回の決定は日本の安全性と確実な大会運営能力を評価された。
そして日本に希望、勇気、やる気、をもたらし日本全体が元気になれる。

アベノミクスの大きな後押しになり日本転換への大きな力になっていくことが予感される。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

えらい! イチロー日米通算4000安打達成

イチローが今日のブルージェイズ戦第一打席目に日米通算4000安打目となる見事なヒットを打った。
ヤンキースナインが1塁に集まり祝福した。そこには今やヤンキースのエースとなった黒田投手がおり、またブルージェイのセカンドにはイチローを師と仰ぎイチローにあこがれてメジャーに移籍した川崎選手もいた。
この世紀の一瞬の場面に居合わせためぐりあわせを日本のファンも感傷を持って見ていたに違いない。
さすがのイチローも高揚していたのがはっきりわかった。

イチローは足が速く走塁もまたレーザービームの守りも超一流で本場メジャーにあって日本の誇りでもあり、大きな勇気を与えてもくれる。
野球に取り組む姿勢と真摯な努力は言い尽くされてきたが何よりも故障しない、けがをしない体づくりと準備がしっかりとした土台を作ってこの偉業を達成した。
精神面も強く彼の弁で印象に残ったものがあった。
”4000安打の裏には8000回の失敗があった。”
”調子の悪い時にいかにうまく向き合うかが困難であるが重要だ”

これから出番が約束されていない苦しさがあると思うがタイカッブ、ピーとローズを超えてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月 2日 (木)

なでしこジャパン佐々木監督に苦言

昨日の南アフリカとの得点を目指さない引き分け試合ほど見ていて落胆する試合はなかった。
試合後、あえてドローを指示したと、さも采配が良いようなコメントにさらに落胆した。

なんとしてもメダルをという戦略に賛否が分かれると思うが、スポーツは勝ちさえすれば良いとは思わない。

日本はワールドカップ金メダルのいわばディフェンディングチャンピオンでそれらしい戦い方がある。

格下のアフリカとの試合なのに試合終盤は攻めることをやめ勝たないで引き分けにするために時間稼ぎに終始した。

世界が見ているオリンピックの試合であること、この試合のために日本からはるばる観戦に来たサポーターがいること、を無視して、
オリンピック前に負けたフランスはさけたい、会場を移動するのは不利という理由でとった戦略に、むかし高校野球で星陵の松井選手に4連続四球で歩かせる指示をした監督を思い出した。

11/9/9に「五輪出場決定!なでしこジャパンの佐々木監督にあえて苦言」
という記事をかいていたが、昨日の試合に再度苦言を呈したく再び記事をかいた。

オリンピックの精神、スポーツマンシップの原点を忘れないで正々堂々と戦ってほしい。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2012年2月10日 (金)

異色のルーキー大嶋匠捕手(日本ハム)に期待

早大ソフトボール出身の異色ルーキー、日本ハムのドラフト7位・大嶋匠捕手(21)がプロ初打席初スイングで初アーチという衝撃デビューをして話題になった。

昨日は 右へ左へまた打って連日の快打で適応能力の高さを見せつけた。
栗山監督もそのバットコントロールを高く評価しており他のプロ野球関係者も対応力の高さを評価している。

大嶋選手はソフトボールで輝かしい実績ありプロ野球がソフトボール界から選手をスカウトした実績は今後
優秀なスポーツ選手はスポーツ界横断的に幅広く道が開ける可能性を示しており閉塞的社会に希望をもたらす事として好影響を与えると思う。

11日の広島との練習試合に出場することも決まったようでプロ野球の楽しみが又増えた。
多いに彼の活躍を期待したい。

【大嶋匠プロフィール】
群馬県前橋市出身。小学校までは野球をしていたが、進学した新島学園中学校に野球部がなかったためソフトボール部に入部。
男子ソフトボールの全国的強豪である新島学園高校にて全国高等学校総合体育大会、国民体育大会で優勝し、
早稲田大学への進学後の2008年にはU-19日本代表の四番打者として国際大会に出場。
世界男子ジュニア選手権大会3位などの実績を残した。
大学リーグの公式戦では13試合連続本塁打を記録している。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

五輪出場決定!なでしこジャパンの佐々木監督にあえて苦言

なでしこジャパンが北朝鮮と引き分けたが中国がオーストラリアにやぶれて
ロンドン五輪出場が決定した。
まずはおめでとう、よかった、ご苦労様でした。

しかし勝って兜の緒を締めよではないがいくつかの課題を残した。

佐々木監督は国民栄誉賞を受賞し国民が期待し五輪出場は当たり前と思っている中での
重圧は相当なものがあったと思う。

そのせいで萎縮したのか北朝鮮戦で唯一といってもいいチャンスに
得点した後逃げに回ってしまった。
ロスタイムをあわせ7~8分残しているにも拘わらずコーナーキックでボールをまわせ、
キープしろと指示をしてしまった。

攻めることを放棄しコーナーでボールをキープする姿は美しくなく最後の最後までゴールを目指すのが
スポーツマンシップと思う。

攻撃は最大の防御といわれるようにやっと流れがよくなって得点できたので攻め続けるべきっただと思う。
ましてチャンスといわれるコーナーキックで自ら守りに入るのは疑問だ。

確率論からもボールをキープするということは大半自軍エリアで戦うことになり0点に抑えるか
失点するしかない。
攻撃すれば得点できるか0点か、失点かで失点の確立は低い。
昨日の試合もコーナーキックから攻め続けていれば失点することなく勝てていたと思う。

なぜあえて苦言を呈したかというとか韓国戦でも最後はボールキープの指示をした、確かに戦術としては
最後は時間稼ぎでボールをキープする事もありと思うが今後は是非やめて欲しい。

北朝鮮戦は引き分けたものの内容は完全に負け試合であった。
内容はともかく勝ち点を取ればよいと言う人もいるが、なでしこジャパンが目指しているものは
ワールドカップに続き、五輪でメダルを獲ることである。

明らかにパス回しではスピード不足で北朝鮮のほうが勝っていた。
また主力五選手を欠いても控えの選手が見劣りしないのもなでしこジャパンには学ぶべきところだろう。

なでしこジャパンには是非チャンピオンらしい強さと戦いかたを身に着けて五輪でメダルをとってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)