心と体

2018年10月30日 (火)

太郎坊宮(滋賀・阿賀神社)で中健次郎先生の気功講習会に参加した。

太郎坊宮、阿賀神社、通称「太郎坊さん」  勝運の神 ご祭神は天照大神の第一皇子。
標高350mの赤神山の中腹に、約1400年前に創建された。鎮座地の赤神山は巨岩が露出し、見るからに神秘的な神宿る山で、天地万物を崇め自然の営みに感謝する神道の教えである磐座信仰の地である。
中健次郎先生は矢作直樹先生(元東大医学部教授)に本物の気功家と紹介され、温かい人柄とインド中国などの自己の体験談を交えた分かり易い指導法は大人気。
気功の神髄は天と地の気、広大な宇宙の気につながり体の緊張から解放され、本来の自分、あるがままに気づくことであると感じた。
<看破放下>真相を見極め、執着を手放すことにより、心、気、体、霊性のバランスが取れる。Img_1290


Img_1284


Img_1283


Img_1285


Img_1278


Img_1281


Img_1282


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ブッシュ元大統領 85歳で3200m上空からスカイダイビング

8547_1 米国のブッシュ前大統領の父、ブッシュ元大統領が12日、85歳の誕生日記念に、スカイダイビングに挑戦した。

3200メートル上空の飛行機からジャンプ、息子の前大統領の待つ教会前に無事着地した。

「気分爽快だ」と元大統領。90歳になったら、またやるつもりだという。「年を取ったからってただ座ってないで、外に出て人生を楽しまなくちゃ」。元大統領は75歳と80歳の誕生日にも空のダイブに挑戦している。

三浦雄一郎の父は昨年99歳で三浦雄一郎と孫と3代でモンブランの氷河を滑降した。また三浦雄一郎は70歳で世界最高峰のエベレスト(中国名チョモランマ、8850メートル)に登って最高齢登頂記録を塗り替えた。

彼等の行動に世界中の人は非常に勇気付けられ教えられるものがある。

人は60歳を越えるころからいつまでも若さを維持し続ける人と急にふけていく人に分かれるように思う。ひとえに気持ちの持ち方の違いなのだろう。

病は気からという言葉もあるようにとにかく何事も気の持ち方で大きく違ってくるので前向きな気持ちを持ち続けたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)