文化・芸術

2017年1月31日 (火)

新感覚エンターテイメント 京都ギア

Gia_001
新感覚エンターテイメント 京都ギアが熱い。
90分間全く異次元新感覚の空間に引き込まれた。
テンポよく、洗練されたショウで一流のパフォーマーがマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングを取り入れたストーリーを展開する。セリフは全く使わないが表情やしぐさで感情がしっかり伝わってくる。
ドールがなんともかわいい。
プロジェクションマッピング、1600万色のレーザー光線の最新技術を駆使する舞台は言葉では表せない。
百聞は一見に如かず、とにかく一度足を運ばれることをおすすめする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

「山・鉾・屋台行事」日本の祭り33件一覧    ユネスコの無形文化遺産に

「山・鉾・屋台行事」日本の祭り33件 ユネスコの無形文化遺産に登録決定された。
日本の無形文化遺産は能楽や歌舞伎、和食などを含め計21件となった。

アニメ、和食などに続き世界の日本ブームは益々広がりインバウンドは拡大する。
日本の成長戦略にも大きな意味を持つ。

表をクリックして拡大してください。
Img_1465


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

第67回滋賀県花道展覧会(近江神宮)

第67回滋賀県花道展覧会が近江神宮で10月22日、23日の2日間で開催されている。
近江神宮は紅葉が始まり七五三で賑わい始めている。
歴史と伝統に支えられ培われた生け花の美しさに魅了された。Dsc02829


Dsc02828


Dsc02827_2


Dsc02844


Dsc02805


Dsc02815


Dsc02818


Dsc02819


Dsc02820


Dsc02821


Dsc02834


Dsc02841


Dsc02843


Dsc02845


Dsc02851


Dsc02853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

民族絵画 大津絵

Img61894288
大津絵(おおつえ)とは、滋賀県大津市で江戸時代初期から名産としてきた民俗絵画で、さまざまな画題を扱っており、
東海道を旅する旅人たちの間の土産物・護符として知られていた。
大津絵は寛永年間(1624- 1644年)のころに仏画として描かれ始め、当初は信仰の一環として描かれたものであったが、
やがて世俗画へと転じ、18世紀ごろより教訓的・風刺的な道歌を伴うようになった。
神仏や人物、動物がユーモラスなタッチで描かれ、道歌が添えられている。多くの絵画・道歌には、
人間関係や社会に関する教訓が風刺を込めて表されている。

大津市役所の前の道路の歩道に大津絵が配置してあり通行人の目を楽しませている。
Img_0882

Img_0868

Img_0869

Img_0870

Img_0871

Img_0873_2

Img_0875

Img_0877

Img_0879

Img_0880

Img_0881

Img_0884

Img_0885

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

伊勢神宮 式年遷宮

神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。神宮では、原則として20年ごとに、
内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿、14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す。
このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、装束・神宝、宇治橋なども造り替えられる。
記録によれば神宮式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行われた。
その後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの、1993年(平成5年)の第61回式年遷宮まで、およそ1300年にわたって行われている。

2005年(平成17年)から第62回式年遷宮の各行事が進行中で、2009年(平成21年)に主要な行事である内宮に係る「宇治渡始式」が斎行され、2013年(平成25年)10月2日に正遷宮(神体の渡御)が行われた

定期的に膨大な国費を投じることとなる式年遷宮を行う途を選んだ理由は、神宮にも記録がないため不明であるが推測される主な理由としては、次の4点が考えられる。
●過去の建築様式である弥生建築の保存のため。
●神道の精神として、常に新たに清浄であること(「常若(とこわか)」)を求めたため
●大嘗祭、新嘗祭、神嘗祭など、祭祀の意義が再構築されたため
●皇宮の遷移に代えて、遷宮が行われたため。

式年遷宮が20年ごとに行われる理由についても、推測される主な理由としては、以下の5点が挙げられる。
●建物の「清浄さ」を保つ限度が、20年程度であるため。これは、耐用年数という意味ではなく、神道の宗教的な意味における「清浄さ」である。
●建替えの技術の伝承を行うためには、当時の寿命や実働年数から考えて、20年間隔が適当とされたため。建築を実際に担う大工は、10歳代から20歳代で見習いと下働き、
30歳代から40歳代で中堅から棟梁となり、50歳代以上は後見となる。このため、20年に一度の遷宮であれば、少なくとも2度は遷宮に携わることができ、2度の遷宮を経験すれば技術の伝承を行うことができる。
●旧暦の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」(11月1日が冬至にあたること)が、19から20年に一度の周期であるため。
●一世代がおよそ20年であるため。
●神嘗祭に供される穀物の保存年限が20年であるため。
<ウィキペディアより>


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

日本人が忘れている-美しき日本の残像-

Ou09_
アレックス・カーの「美しき日本の残像」(第7回新潮学芸賞受賞、LOSTJAPANとして数カ国語に翻訳されている)
を読んで日本人が忘れていた大切なものを思い出さされた。
アレックス・カーは1952年アメリカ生まれ
徳島の祖谷に茅葺民家「箎庵(ちいおり)」を再生し日本の美を探究、京都天満宮に暮らしている。

彼は学生時代から日本に興味を持っていて64年初来日、坂東玉三郎とも親交があり、日本の美しい自然、 書、絵画など古美術、 思想と多角的に日本の現実を分析しており、美しい日本の姿を残していきたいという思いは日本への愛情を強く感じさせる。

彼の言葉で象徴的なのは、
日本は今やいたるところ電線と、コンクリートだらけでパチンコ屋と、看板がやたらと目につき、日本の美しさが失われてしまっている。
京都も例外でなくコンクリートと電線だらけの醜悪な姿は伝統文化と程遠く変質してしまっていると。
実際意識して街を歩くと電線の異常な多さが景観を悪くしているのに驚かされる。

日本の戦後の復興、経済成長は目覚ましいものがあった。しかし市場至上主義の原理が働き利益追求の推進力が優先されて
日本の建造物は有機的な質感のない、コンクリート製のものばかりで全体の調和は忘れられて来たといってもいい。
ヨーロッパの色、形、緑の調和のとれた街並みをみるにつけその大きな違いは誰でも感じるところだと思う。

またアレックス・カーは精神面についても東南アジアに共通するものがあり
タヒチやタイの人たちのスマイルは裏が無くスマイルに一瞬の純粋な幸せがあるように感じると同時に、日本を思い出し、子供のような純粋さは万葉集、平安文学、歌舞伎の戯れなどに通じるものがあると言っている。

生け花についても興味深い記述がある
川瀬敏郎という花の名人の生け花は自然の美しさがあり曲線は「花はこうでありたい」というように優雅に広がっている。
現代の生け花は花をどっさりと豪華に使いすぎてグロテスクであり日本の現代の醜さに毒されているという。
その意味は先述の街づくりに通じるものがある。

日本人が忘れてしまっている日本の自然、伝統文化を外人がかくも深く認識し大事にする姿を見て非常に考えさせられた。
よい本に出会った。できるだけ多くの人に読んでほしいと思う。
徳島の祖谷 茅葺民家「箎庵(ちいおり)」
Chiiori

Img_6165

Img_6470

Img_6495

Tiori

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月 8日 (月)

全盲のピアニスト辻井伸行 国際ピアノコンクールで優勝

米国・テキサス州フォートワースで開かれた「第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクール」で全盲のピアニスト、辻井伸行さん(20)が優勝した。初の盲目の優勝者で、アジア出身者の優勝も初めて。

人間の潜在能力は本当にすばらしい。誰でもすばらしい能力がある事を証明してくれた。今後の世界的な活躍を応援したい。

時にすばらしい音楽を聴くことは心が豊かになり気持ちが清らかになる。

川のささやき - 辻井伸行 目が不自由な彼が子どもの頃、父親に隅田川に連れて行ってもらっ た時の記憶を頼りに作った曲。

フジ子ヘミングで有名な”カンパネラ”

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2009年4月21日 (火)

世界中で最も見られているビデオ 歌は心/天使の声スーザン・ボイル

今世界で最もアクセスが多いビデオを紹介したいと思います。

BBC企画のオーディションで、天使の声をもつ47歳のスーザン・ボイルさんが表れました。

彼女は失業中の独身で今までキスもしたことがないそうです。歌が好きで歌手になる事を夢見ていました、風貌からはとても想像できません。

でも人生希望を持てば捨てたものではないということと、人はいろいろな才能を持っていて見掛けではないことを感じさせます。

感動のビデオを見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=1t8m7CkpIK0

| | コメント (0) | トラックバック (0)