経済・政治・国際

2017年6月27日 (火)

行き詰まった矛盾だらけの安倍総理

獣医学部はすべて認める!
この期に及んで、よくそんなことが言える、というのが国民誰もが持つ感想だろう。
何とか非を暴かれたくない一心で、苦し紛れに発した言葉と思うが、加計学園問題では矛盾だらけで常軌を逸している。
ポチ評論家の田崎史郎や御用学者の竹中平蔵が岩盤規制を打ち破る一点の曇りもない政策とピント外れの反論をいう。
本当に160人定員の加計学園がうまく行くと思っているのだろうか、
誰も岩盤規制打破が悪いと言っいるのではない、友達のために京産大を排除したことを追及しているのだ。
こそこそ逃げ回るのはやましいことがあるからに他ならない。

安倍総理は口先で丁寧に説明していくと言ってるが、要請されても臨時国会は開かないし、
加計氏は雲隠れ、萩生田官房副長官や、前川元文部次官が全体の絵を描いたキーパーソンといった和泉洋人総理補佐官は逃げ回っている。

国民から見て誰が、何が正しいのかは分かっている。まだごまかせると思っているのだろうか?

このような状況でも自民党内にいさめようとするものがいない。
唯一石破氏が控えめに正論をはいているが、麻生財務大臣などはひそかに喜び、足さえ引っ張っているように見える。
安倍総理は完全に裸の王様になり、自民党は数が多いだけで国民の為の政党にならなくなった。

しばらく大人しかった田中真紀子までダメ出しをし始める事態になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

国民がバカでなかったら安倍政権は終わる。

このところの国会は見るに堪えない状況が続いている。
次々に明らかにされる事実と思われる情報に対して政府、官僚一体となって隠ぺい、否定しようとしている。
あまりにもひどい状況である。
情報公開を要求されても都合が悪いことはすべて隠ぺいしたままである。

昨日自由党の森ゆうこ議員が今治市から開示された情報をもってしても、また文科省のメールがあったことの内部告発があっても、情報の出所が明らかでない、記録は破棄した、記憶にない、調べないことに決めたなど到底常識的にありえない答弁を繰り返す。

なぜか?事実は一つ、安倍総理が強力な権力で関与、威圧しているに違いない。
一人だけの思惑がここまで国をゆがめてもいいのか。

官僚の立場もわからないではないが総理ではなく憲法、また自分の正義に忠実であるべきと思う。
官邸の言いなりになる現状に猛省をうながしたい。

またマスコミの罪も非常に大きい。少なくとも事実を正しく伝える、嘘は断罪するという姿勢がない限り存在価値はない。

この背景、根源には、人間の欲得がある、
だからこそ正義は必要で、正義が担保される国でなければならない。

国は教育などあらゆる機会を通じてその気を醸成していかなければならない。

今の政府のやり方は全く真逆で、さらに悪いのは、あらゆる地方自治体、公共機関、国民に悪影響を及ぼし、
都合が悪いことは隠ぺい、責任を取らない風潮が蔓延していくことである。

国民がバカでなかったら安倍政権も長くないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

腐敗した不道徳な安倍政権を、それでも国民は許すのか。

ツイッターで野良猫ゴーゴーさんをフォローしている。
全く同感というつぶやきがあったので紹介したい。

Neko
野良猫ゴーゴー
@noraneko_go_go

「それでも国民は許すのか」
(志村建世)の記事を掲載している

安倍首相をめぐる一連の不祥事は、官邸自身が「もうこの問題で議論しない」と言い出すまでになった。
事実関係の有無で言い争う段階は、もう過ぎたというのだろう。
あとは、この腐敗した不道徳な政権を、それでも国民は許すのかという問題になる。

森友学園から始まって加計学園へと続いたこの問題は、「モリ、カケ」とも言われるらしい。そば屋で注文するときは一番安いメニューだが、店の味が素のままでわかるので「通」は大事にする。「安倍そば屋」は、ごてごてしたトッピングで味をごまかしていたということだ。

 天下に怖いもののなくなった安倍政権は、あったものでも「なかった」と言えば、なかったことになると本気で思い込んでいる。
マスコミだって「お友だち」にしてあるから、何をしても大丈夫と安心している。

ところが時代はテレビと新聞だけではなくなった。政府広報メディアに支配されない情報ツールが育ってきている。
広大なネット空間まで支配し尽くせるものではない。それにマスコミの中にだって反骨のある記者が一人もいなくなったわけではない。
一つのきっかけがあれば、良心が目を覚ます。今回の場合は「あったものを、なかったとは言えない」と言った勇気ある前川喜平氏の証言が流れを変えた。
--------------------
安倍総理の加計学園問題
政治の私物化、秩序の無視、法をゆがめる解釈
権力を握るといつの間にか勘違いするものなのか
安倍総理のいう美しき日本とは今実現しようとする日本なのか
単なる美辞麗句であったのか、
日本の行く末が危うい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

安倍総理 のめり込み憲法改正

安倍総理の発言で憲法改正論議がにわかに高まっている。

もともと自国の自主憲法という意味で改憲には賛成だったがなぜか積極的に賛成できない。

安倍総理のもとの改憲には怖さが伴う。
これまで強行的に進める法律に
安保法制
集団的自衛権
特定秘密保護法
共謀罪などがある。

根底にマスメディアに圧力をかけ思い通りにしようとする意思が露骨で、森友事件、四国の獣医学部お友達事件など、何でもできるというおごりも見える。

唐突に独善的に打ち出した憲法改正論議は自民党内にも、憲法審査会でも論議が重ねられた経緯は見られない。
まして2020年と時期を示しオリンピックと抱き合わせで強行しようと姿勢が
見えるがオリンピックとは何の関係もない。

自分が憲法改正を行ったという実績を残したいだけのように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

森友学園 国有地払い下げ問題 主犯「安倍晋三」 共犯「 鴻池」と「松井一郎」  朝堂院 大覚のネット TV ニュースより

「表」と「裏」の双方に通じて、その仲介役を果たすフィクサー
国有地払い下げ問題通じて日本の政治を変え真の民主主義を確立るチャンスと訴えていて一考に値する。

朝堂院 大覚(ちょうどういん だいかく)
日本の武道家・空手家。
本名・松浦 良右(まつうら りょうすけ)。1940年(昭和15年)12月9日生。

武士道精神に基づき、日本人が「 質実剛健、公明正大、清廉潔白 」であることを提唱している。
「 弱者救済 」を掲げ、世界、ひいては宇宙の平和のために日々尽力している。

武道総本庁総裁。空手道本庁宗家家元会議総裁。武道団体の連合組織である日本連合総裁。
インターネットTVの連合組織である日本ネットTV報道協会総裁。
日本維新の会総裁。世界空手道連盟(WKA)総裁。東亜ビル管理組合顧問。
「全アジア条約機構推進委員会」委員長。

また、居合道警視流の宗家家元であり、剛柔流空手道九段である。

第2の森友学園問題 安倍晋三と加計孝太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

安倍首相に“第二の森友学園”疑惑!37億の土地がタダに

安倍総理は高支持率と政権延長を背景におごりと傲慢さが目についていたが森友学園問題で追い込まれている。
今後の展開次第では窮地に陥ることになるだろう。

すでに国会答弁では異常にうろたえ、ムキになる場面も多く、イメージ操作、レッテル貼りをされていると言い張り被害者を演出しようとしているが、その疑惑は疑いようがなくこれからも次々と追及されるのは必至である。

「LITERA」(http://lite-ra.com/2017/02/post-2953_3.html)というサイトがある。
 経営母体は「株式会社サイゾー(Cyzo inc.)代表者:揖斐憲で、崩壊しつつある“メディアリテラシー”を再構築しようと挑戦している点が評価されている。

特集記事『安倍首相やりたい放題の極致! 森友学園問題』

その中の記事に目を引き付けられるものがある。

●安倍首相に“第二の森友学園”疑惑! 親友が経営、昭恵夫人が名誉園長の学校法人に特区指定、37億の土地がタダに!

 昭恵夫人が名誉園長を務め、自分の親友加計氏が経営する、岡山県に本拠を置く加計学園グループ学校法人のために規制緩和をして、結果、今治市はこの学校法人が経営する大学に約17万平方メートル、開発費も含めると37億円におよぶ土地を無償譲渡することを決定したというのだ。

加計氏は安倍総理が「どんな時も心の奥でつながっている友人、まさに腹心の友だ」という人物で,昨年だけでも
複数回会食をし、安倍首相の別荘がある山梨県の居酒屋で秘書官を交えて食事をしゴルフをする仲である。

加計学園が運営する千葉科学大学が2014年に開学10周年を迎えた際の記念式典にも安倍首相が来賓として出席、祝辞を述べている。

しかも、この加計学園には、森友学園同様、昭恵夫人も関わっていた。
「御影インターナショナルこども園」という認可外保育施設の、昭恵夫人はそこの「名誉園長」を務めているのである。
全く森友学園と同じ構図である。

その他の,
タイトルを見るだけでも興味深い記事があるので紹介する。

☆やっぱり思想的に共鳴! 森友学園・籠池理事長の娘が安倍首相のブレーン団体のシンポジウムで講演の予定

☆安倍首相が小池晃に証拠を突きつけられ逆ギレ! 森友学園理事長が口利き依頼したのは麻生財務相の側近だった

☆森友学園問題で安倍首相の“虚偽答弁”が次々発覚!「妻は報酬を受け取っていない」と言ってたのに昭恵夫人への支払記録

☆森友学園“国有地値引き”交渉の最中、安倍首相が財務省の国有地責任者と何度も面談! 子飼い官僚説も

☆ふざけるな! 森友学園問題の最中に安倍首相が官邸担当記者を集め、赤坂飯店で馴れ合い会食! 疑惑追及封じか

「LITERA」(http://lite-ra.com/2017/02/post-2953_3.html)
の一部を紹介したがぜひ直接読んでほしい。

3月8日 加計学園!国会で本格追及 福島伸享(民進)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

波乱ぶくみ 森友学園問題 安倍総理窮地

国会で森友学園へ国有地をただ同然で払い下げた問題の追及は激しさを増し、官僚、与党そろって
なぜそこまで隠そうとするのかその闇は深まるばかりである。

YouYubeのコメントが国民の思いをよく表している。

*息を吐くように嘘をつく安倍総理?

*安倍氏は関与していないと宣うが、夫人が関与している以上知らぬ存ぜぬでは通らない。
一国の総理たる者が一私学への肩入れは異常であり、

*一連の問題に公明党(創価学会)はいつもダンマリ、今一体の自民公明は見事に悪党で、正に共謀罪そのものだ。?

森友学園国有地払い下げに関与した?

別角度で新たな視点も見受けられる。

破滅に向かう安倍首相と台頭する小沢一郎代表!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

不可解!看過できない安倍晋三小学校 

衆議院予算委員会で森友学園が建設中の昭恵夫人が名誉校長になっていたいわゆる「安倍晋三小学校」をめぐって紛糾している。

評価額9億5600万円の国有地が実質200万円で森友学園に売却されていた!

森友学園は「安倍晋三記念小学校」名目で寄付金を集めた!

反対続出だったのに スピード認可の謎は国会議員が介在しないと不可能!

Img_1555
9億5600万円の公有地をゴミ撤去費として8億2200万円値引きし1億3400万円で売却したとなっているが、実はその前にもゴミ撤去費として1億3200万支払っていたというから森友学園は実質200万で入手したことになる。

Img_1557
赤い区画が実質200万円で売却した土地。青い区画は豊中市に14億2300万円で売却

Img_1558
同土地は他の学校法人が5億8000万で購入希望したが余りに安いと却下されていた。


Img_1553
8億円(根拠不可解)と見積もられていたゴミ撤去は5分の1しか行われずしかもその半分は運動場に埋められた

安倍総理のむきになる慌てようは尋常ではない。

この不可解さは看過できない。
徹底追及して繰り返し行われる国有地売却の不正は正さなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

トランプ大統領と安倍総理の日米首脳会談

トランプという人物を考えたとき
トランプは誰もが予想しなかった大統領選に勝利しそれだけですごい。
言ったもの勝ち的な姿勢がうかがえるが、違うと思えば発言をすぐに翻す。
行き当たりばったりのように見えるが戦略家で計算に基づいている。

過激な発言でキチガイ呼ばわりまでされたが
実はバカではなく、決断力があり勇気がありクレバーなアメリカで大成功を収めた企業家であると思う。
そして政治家にはない民間企業家のスピード感覚を持っている。

しかし、いかに経済的に成功したといえ、いわば政治の素人、そしてトランプの手法は相手の嫌がることを先制パンチとして発言するが、着地点はそれほど突拍子ではなく想定内である。

安倍総理といえば
国内の高い支持率を背景に、また世界的に外交を繰り広げ、先進国首脳でも古参になり、自信を持っているように見える。
ややもすれば傲慢とも思える態度はトランプに対しては逆に必要かもしれない。

日本人はマスコミも含め、最初から相手を恐れる傾向があり会談前からマスコミ、評論家などリスクについて
過剰な反応をしていたが日本はいちいち一喜一憂する必要はない。
逆に安倍総理はアメリカの巨大な力を利用するしたたかさを持ったらよい。

トランプ大統領と同じように、安倍総理も今回いかに個人的に親しく信頼関係を築いたとしても政治、経済では是々非々で対応し場合によっては簡単に前言を覆せばよい。
TPPに固守することなく柔軟に国益を考えて対峙してほしい。

トランプがメキシコの壁、入国禁止など世界の話題の中心になり騒然ととしている中、安倍総理との首脳会談が行われた。

今判断するのは早計かもしれないが、今回の首脳会談は成功であったと評価できる。
それは安倍総理がもくろんでいたことがほぼ達成されたからで
●尖閣諸島が守られること、南シナ海で中国を監視すること等で強固な同盟関係が再確認されたこと
●軍事費(アメリカ軍駐留経費)負担が米軍受け入れに感謝と評価されたこと、●自動車問題、為替問題などこれまでの攻撃的な発言がなかったこと。
●アメリカの経済と雇用へ貢献が提示できたこと(日本の新幹線のプロジェクトが推進されそうなこと)

トランプは政治的に素人だし閣僚も決めきれていない引け目があるのか、世界から総バッシングのなか、好意的に近づいた安倍総理に、先輩格として一目置いて異例の好待遇をしたのだと思う。
しかし楽観はできず、本番はこれからで中国との関係いかんでは豹変することもありうるかもしれない。あらゆる準備をしておかねばならない。

朝鮮のミサイル発射が報じられ最後のスピーチで”アメリカは同盟国である日本を100%支持する”と発言したことも中国、韓国、北朝鮮に大きなインパクトを与えたということでも大きな成果であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

福島原発が恐ろしいことに! オリンピックはできるか、安倍総理は逃げるな

福島第一原発2号機の内部撮影で、原子炉の床に大きな穴が開いて黒い塊があることが確認された。

事故から6年になるのに未だに形状をとどめていないデブリがどこにあるかも分かっていない。
圧力容器の底を突き抜け、地下水と接触して再臨界に達している可能性もあるという。

測定された放射線は想定外の毎時530シーベルトで、放射線医学総合研究所によれば、毎時6~7シーベルトが致死量だというから数十秒から1分弱で人が死に至る高い値。

非常に怖い状況になっているにも関わらず
今村復興相は「福島、東北の復興も3月にはいよいよ7年目に入る。マラソンでいうとだいたい30キロ地点ぐらいにきているのかな」と能天気な発言をしている。

今回の内部撮影によって、政府と東電の廃炉スケジュールはすでに当初の計画からは大幅に遅れていたが,完全に破綻したことが露呈した。
しかし政府は東電を存続させ、原発再稼働を進めるためあくまで着実に廃炉に向かっているという姿勢を変えない。
なおかつ
廃炉費用が無制限に増大することを恐れ、政府は最終的な費用が把握できないまま,国民に負担させるスキームを考えている。

国民は黙っていては政府を認めることになる、脱原発を叫び続けなければならない。
Img_news

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧