経済・政治・国際

2024年3月 3日 (日)

荒廃する政治 貧困化する日本

世界の中の日本という視点を持った国会議員はどれだけいるか、はなはだ疑問に思う。
目先ばかり、自分の選挙や損得ばかり考えている。
やれ統一教会だの、裏金作りだのに、右往左往してしかも悪事ばかりだ。
その間世界からどんどん取り残されていく。


日本が、技術力、アニメ、料理、おもてなしなど世界から評価されている面も多いから政治さえ
正しく機能していれば、国民の生活はもっと良くなっていたはずである。


先ごろGDPが日本がドイツに抜かれ4位に転落したというニュースがあった。
政治家は円安のせいにするかもしれないが異常な円安も政治のせいに他ならない。
しかも名目賃金比較で1991年を100とすると
日本は1.1倍とほとんど変わらないがドイツは2.2倍と倍増している。


国民はいつも自民党以外に任せられないと消極的支持をしているが、このままでは
今後も日本は凋落を続けるばかりである。


国民はこの事実に気づかねがならない。

| | コメント (1)

2024年1月23日 (火)

日本政界の老害、麻生太郎ついにダウンか、岸田総理の反逆

日本政界は派閥による資金あつめの裏金作りが露見し大パニックに陥っている。
岸田内閣の支持率は危険水域を超え維持するのが困難な状況にある。
自民党派閥の領袖は危機感を持ち、まず最大派閥の安倍派が派閥の解消を表明し、続いて二階派も派閥の解消を表明し派閥解消への流れができた。
瀕死の岸田総理も起死回生の策として派閥解消を表明している。
これにより、派閥の存続を表明している麻生派と茂木派は、守旧派の位置づけで極めて印象が悪くなり、野党と国民の派閥解消の圧力に抗しきれなくなると思われる。
Photo_20240123031001

麻生太郎は岸田総理では次期衆院選は戦えないと、岸田総理に予算成立とアメリカ訪問を花道に退陣するよう迫って茂木幹事長を後継者にしようと画策していた。
しかし岸田総理はこの機に乗じて麻生の権力を弱めるべく”総理はやめない”と表明し反逆の態度を示した。

ここに麻生を権力の座から引きずり落としたい同じ思惑の二階、菅元総理、安倍派の無派閥の塊ができ、麻生と茂木の派閥維持派との勢力争いが激化するだろう。

かって漫画バカでアホウ太郎とも呼ばれた麻生は長期間にわたり権力の座にいたが、財務省の意向のもとに失われた30年で日本を没落させた責任がある。
一刻も早く権力の座からおりるべきである。

日本政治が変わる絶好の機会だが、裏金問題では明らかに主犯である安倍派の5人衆の立件すらできない検察の敗北を見るにつけ
又派閥解消は見せかけで、そのうち裏で派閥が復活しそうなことを思うと、情けない野党の奮起が強く望まれる。

ウェブサイトAERA dot.が12/13~15に行った興味深いアンケートがある。

「次の首相」はだれが良い? 緊急アンケで1位は断トツで自民党石破茂氏、2位はれいわ山本太郎氏

やっと石破の悲願の総理実現の時が来るか、またれいわの山本太郎、泉元明石市長の名前が急浮上しているのは、国民は自民党政権がもう嫌だ、変わってほしいと変化を求めている表れで特筆すべきである。
Photo_20240123032301

10000000000000041289_2017082209541306702Yamamototaro2210281520_1714x476

 

注:AERA dot.は、朝日新聞出版の日本のオンラインメディア。

| | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

「国家のブランド」ランキング!2023年版 1位は日本!!

政治が三流の日本は国際競争力をを落とし国民生活は悪化しつ続けているうえ、岸田政権の支持率も低下の一途で先行き不安です、民間は頑張っているのでここは国民が政治に賢くなるしかないでしょう。

一方では国民性の評価、インバウンドは増加するなどいい評価も増えています。
いい評価があったのでシェアします。

「国家のブランド」ランキング!2023年版 1位は日本!!
1/4(木) 10:00配信 YAHOOニュース ねとらぼ配信から引用
「ねとらぼ」は、今気になる・人に話したい旬のネタをお届けするネットニュースのサイト

「国家のブランド」ランキング!2023年版
世界最大規模の世論調査会社イプソス発表

国家ブランド力を評価するグローバル調査。60カ国を対象に、「輸出」「ガバナンス」「文化」「人材」「観光」「移住と投資」の6つのカテゴリに関する認識を調査することで、国家のブランド力を測定
調査は、2023年6月27日~8月3日にかけて、20カ国の18歳以上の成人約6万人を対象に、オンライン調査にて実施されたもの
「世界60カ国中日本が国家ブランドランキング1位に初選出」
●第1位:日本
 第1位は「日本」でした。総合スコアは69.85で、昨年より0.32ポイントアップ。昨年の同ランキング2位からの1位獲得となりました。

 日本は「輸出」「ガバナンス」「文化」「人材」「観光」「移住と投資」の6つの指標全てでトップ10入りを達成。特に「輸出」の指標に対する評価が高く、「科学技術への貢献」「クリエイティブな場所であること」「製品の魅力」という3つの属性全てにおいて1位を獲得。そのほか「雇用可能性」「活気ある都市」といった項目が高評価を得ています。日本は2019年から5位・4位・3位・2位と着実に順位を上げ、アジア太平洋地域から初めて60カ国中のトップに立っています。

●第2位:ドイツ
 第2位は「ドイツ」でした。総合スコアは69.43で、昨年より0.37ポイントダウン。同ランキングでは6年の間1位を守ってきましたが、1つ順位を落としています。

 ヨーロッパ中央部に位置するドイツ。第2次世界大戦後は東ドイツと西ドイツに分かれていましたが、東西を隔てていたベルリンの壁が壊され、1990年に統一国家となりました。フォルクスワーゲンやBMW、アウディなど世界的に有名なブランドを有する自動車産業が発展。経済大国としても知られていて、フランスと共にEU主要国として高い影響力を持っています。

 同国は「輸出」「移住と投資」「ガバナンス」「文化」の各指標でトップ5を獲得するなど、変わらず高い評価を受けています。特にスポーツの卓越性、製品の魅力、世界の貧困削減への貢献が高く評価されています。今回は2位となりましたが、評価が落ちたわけではなく、日本の成長によるものだと判断されているようです


以下
第3位:カナダ
第4位:英国
第5位:イタリア
第6位:米国
第7位:スイス
第8位:フランス
第9位:オーストラリア
第10位:スウェーデン
第11位:スペイン
第12位:ノルウェー
第13位:オランダ
第14位:ニュージーランド
第15位:フィンランド
第16位:スコットランド
第17位:オーストリア
第18位:アイルランド
第19位:ベルギー
第20位:ポルトガル

 

| | コメント (0)

2023年12月10日 (日)

”答えは差し控える”、”適切に対応”は使用禁止 政治資金パーティーの裏金疑惑 異次元の悪事

4a5

自民党派閥の政治資金パーティーの裏金疑惑が連日報道されているが自民党、特に写真は長期安倍政権の膿が一気に噴き出した感がある。
中でも安倍派6幹部
写真左上から塩谷座長、松野博一官房長官、西村康稔経済産業相、高木毅・党国会対策委員長,萩生田光一・党政調会長、世耕弘成参院幹事長は疑惑というよりもほば真っ黒だといえる。

政治家は裏金、国民にはインボイス制度、これでは国民は正直に税金を納める気がしなくなる。

政治家の常とう句の「答えは差し控える」「適切に対応」を連発しているが使用禁止のフレーズにすべきだ。

マスコミの追及は弱くだらしない、尤も同じ穴のムジナともいえるがいつまでも不誠実極まりない。

政治家は嘘つきで平気で悪事を働くという事に国民は暗黙の認識があるが、国民は慣れさせられていてこれまた情けない。

検察は長い間安倍政権に牛耳られ国民の信頼を失ってしまったが今こそ面目を取り戻すときであり、性根を入れて取り組んでほしい。

大きなか風が吹くと政治は一挙に変わる可能性があり今こそその時であると思う。不毛の30年と言われ、いつまでも世界から遅れを取り続ける悪い流れを断ち切るには政権交代しかない。

 

| | コメント (0)

2023年7月26日 (水)

入閣してほしい人 第5位 山本太郎

 闇の中の光明!


F11i6e7aaaalvd7


Yamamoto202207261024x576

| | コメント (0)

2023年7月25日 (火)

内閣支持率28% 続落 れいわ新選組続伸

Sijiritu

7月23-23日の毎日新聞世論調査によると
岸田内閣支持率は28%と前回33%から5%下落。
支持率は5月G7サミットで45%まで上げたものの長男祥太郎の首相官邸での忘年会問題が発覚してから下落しはじめ
マイナンバーの多くのミスとトラブルで信頼性を失い迷走しているのが原因で28%まで下落した。
マイナンバーの返納が続き、それでも
24年秋に現行の保険証の廃止の考えは変えないというのでは益々支持率は低下し続ける。
政党支持率も自民党は29%から5%下げて24%
野党も立憲民主党と国民民主党が9%、4%とそれぞれ1%下げる中れいわ新選組が
5%から7%へと続伸し続けている。
Yamamoto202207261024x576Kushibuchi_mari021024x576Ooishi_akiko031024x576

出口のない政治不信とあきらめの中、唯一山本太郎れいわ新選組が政治を変えてくれるのではないかと期待し始めた表れだと思う。
山本太郎が全国を遊説し続け国民の不満を聞き丁寧に説明し続けているのに加え
山本太郎、共同代表のくしぶち真理、大石あきこの国会質問や日曜討論などを通じて、令和新撰組の国民に寄り添った主張が浸透し始めている。
地方議員数も50人になっていて令和新撰組組織が急拡大しているのがわかる。
次期衆議院選挙には更に党勢を拡大し支持率は野党第1党になる勢いである(維新はすでに野党でなくなっている)
大いに期待したい。

| | コメント (0)

2023年4月29日 (土)

日本人として知っておきたい沖ノ鳥島のすべて

沖ノ鳥島は
東京から約1740K 沖縄から1100K 小笠原父島から910Kに位置し
東西約4.5Kⅿ 南北約1.7Km 周囲約11Kmnoサンゴ礁にあります。

昭和6年に沖ノ鳥島と命名され東京都小笠原村に属しています。

島か岩かとたびたびその評価が話題になっていますが、我が国の固有の領土として
保存するための調査、観測、保全の活動が続けられています。

国際海洋法第121条第1項に
島とは自然に形成っされた陸地であって水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう
とありますが温暖化で海面上昇が18~59cmと予測されいるためその保全が重要なのです。
 
動画を3本紹介します。
沖ノ鳥島の新しい保全

沖ノ鳥島の保全

| | コメント (0)

2023年3月23日 (木)

日本人は自信と誇りを持とう。日本好き調査より

ほぼ全国民が「日本好き」!? 親日国ランキング、20の国と地域を調査
newsfair 調査 Jan 15 2022

政治は三流の日本だが、長い歴史で培われた国民性は多くの国から好感を持たれていて誇らしい。
韓国と同様に隣国である中国では、およそ7割が日本に親近感を抱いているという結果となった。
政治と国民感情は違うと知らされた。

親日国ランキング
◆1位:台湾(「とても好き」「好き」と答えた割合:98.3%)親日で有名な台湾。日本は過去に鉄道などインフラ整備で台湾の近代化を手伝っている。
◆1位:タイ(98.3%)日本とタイは600年ほど前から交易があり、アユタヤには日本人町まで存在したと言われている。

◆3位:ベトナム(98.0%)日本はベトナムにとって魅力的な就職先となっており、日本語を習得したいと情熱を傾ける人々も多い。
◆4位タイ:マレーシア(96.7%)マレーシアでは日本食ブームが起きており
◆4位タイ:フィリピン(96.7%)
◆6位:香港(95.7%) 香港ではこれまでに数回にわたる日本ブームが到来しており、日本は旅行先としても人気が高い。
◆7位:シンガポール(93.7%)
◆8位:インドネシア(92.7%)2017年に国交樹立60周年を迎えた日本とインドネシアは、文化や経済、政治など多角的な連携を強めている。
◆9位:インド(90.3%)
◆10位:イタリア(89.3%) 食への強いこだわりを持つ日本とイタリアは、何かと相性が良いようだ。
◆11位:トルコ(88.0%)親日国のトルコでは、9割近い人々が好意を示している。
◆12位:ロシア(84.3%)
◆13位:オーストラリア(76.0%)
◆14位:フランス(73.0%日本とフランスの交流は、2018年に160周年を迎えた。フランスでは実に8ヶ月に及ぶ日本紹介イベント「ジャポニズム2018」が開催された。
◆15位:イギリス(71.0%)1600年にイギリス人航海士が九州に流れ着く。1854年に日英和親条約が結ばれ、正式な国交関係が始まった。
◆16位:中国(70.5%)反日教育にもかかわらず、およそ7割が日本に親近感を抱いている
◆17位:アメリカ(65.3%)1853年の黒船来航が開いた日米交流は、世界大戦での対立を乗り越え、現在では日米安保条約で結ばれたかけがえのないパートナーとなった。
◆18位:カナダ(65.0%)カナダで暮らす日系人は12万人を超えている。 文化面でも相互にひかれあっている状況である。
◆19位:ドイツ(64.0%)
◆20位:韓国(58.7%) 韓国とは最悪な関係になっているがそれでも約6割の国民が好感を持っている。

| | コメント (0)

2023年3月 8日 (水)

ガーシーってだれ? 海外に逃げた??

ガーシー、
国会義委に当選して、一度も国会に出ないのは、いかなる屁理屈を言おうがアウト!
rルールを守るのは企保pん中の基本。
気に入らないルールがあるのならルールを変える活動をすればいい。
義委になりその立場にあるのだから。
マスコミをはじめとして、ガーシーについて騒ぎすぎ。
連日、マスコミが話題として取り上げ、ニュースとして報道するからガーシーも図に乗る。
無視されていたら、スタンドプレーもできず、トルコにもいかない。
ガーシーにとって一番いやなのは相手にされない、無視されること。
国民、いやマスコミはもっと賢くなろう。
放置して忘れ去ればいい。
除名されてそれで終わり。

| | コメント (0)

2023年3月 4日 (土)

山本太郎の国会質問! (2023年3月2日)日本が立ち直る予感!!

山本太郎が日本を良くしてくれると予感させる動画です
この質疑や、動画を見た人たちのコメントも素晴らしく紹介します

★質問の詰め方が素晴らしい❣️
★この質疑で、山本太郎が命懸けで政治家やってるのがよく分かりました。

★あー最後の山本太郎さんの一節で泣けて、今車を止めて涙を拭いてます。まずは統一地方選挙を頑張りましょう!

★ありがとう太郎さん 早く政権とってください

★山本太郎さんは強い意志でよく調べて勉強してるのがわかります。
代表者にふさわしい人物ですね。応援してますので踏ん張ってください!!

★理詰めによる理詰め。自分達は間違いをしていると言わせる良い意味での嫌らしさ。最高です。
★すごい緊張感でした😮

★確かな資料に基づいた迫力ある質疑応答だった。場に緊張感が生まれていた。地道に党勢拡大、議席獲得し、こうして真っ向勝負、それが確かな信頼と期待を産む。

★最後の最後、岸田に啖呵を切った山本太郎氏の言葉、最高でした。

★色々勉強してるよな。素晴らしい。

★政治家は緊張感もって聞いてるんでは。これぞ、野党。

★山本太郎代表、素晴らしい🎉
真剣度が、この国会の中で、飛び抜けている👏

★この国の、総理大臣になれるのは、れいわの山本太郎だけ。岸田さん、国民の為に辞職すべきです

★何回きいても最高です☺️
★凄いなあ…さすがに太郎氏よく勉強している👍🥰

★本当に素晴らしい!
山本太郎さん。れいわ新選組。
日本政府の密約、自民党の密約、明らかにして、現政権が行ってきた、様々な愚策の化けの皮がはがしてくれた!
この国の為に、国民の為に、本気で先頭に立って働いてくれて、ありがとうございます😭

★ただ山本さん本気すぎて裏組織が動くんじゃないかってのが怖い。どんなにお金を使っても批判しないから優秀なボディガードつけてほしいです。

★これほどの質問、何十年も聞かなかった。素晴らしいの一言。与党、あんたら何やってんの、退陣しな。

★最後の約45秒間の山本代表の集約された熱弁は国民を救う源になることと確信しました。
山本太郎こそ本物の政治家。

★こんな人は他にいない❗️山本太郎効果で、 どうか選挙に行く人が増えますように🙏
地方選でれいわの仲間を増やしましょう❣️

★私は軽い知的障害ですが選挙が好きでおかしい事はおかしいと言うと外で話したらダメだと言われる社会です。一人で行ける場所は行ってます。山本太郎さんやれいわ新選組の候補者が素晴らしい人が多いのに当選出来ない人がいた時はすごく残念でした。地方選挙で拡大して国政選挙で議席増やしましょう。

★あまりのキレッキレぶりに惚れ惚れします。。。

★山本太郎さんの質疑は聞きたくなる。
ワクワクする。
こんな政治家今までいたか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧