社会

2016年2月24日 (水)

「組み体操」を全面禁止 流山市教育委員会

事故が相次いでいる学校での「組み体操」の問題で、千葉県流山市は、来年度から全ての小中学校で組み体操の実施を取りやめることを決めた。

なんと短絡的で安易な決定だろうかと思う。
市教育委員会の事なかれ主義、問題回避、責任回避の姿勢が露骨にうかがえて嘆かわしい。

組体操の歴史、体力、精神力、協調性などその意義など一切無視して、止めておけばわずらわしい問題が起こらないだろうという発想は教育のなんたるかを全く考えない無責任な姿勢といえる。
このような考え方がひろがると日本人の子供は覇気がなく、ますます弱体化、軟弱化してしまう。
確かに
昨年8600件の組体操負傷件数。過去に死亡3件後遺障害役90件発生していることを考えると、子供の危険を回避させるこが当然必要なことは言うまでもないが、
特別危険な種目を止めるとか全員強制ではなく希望者だけで行うとかいろいろ方法はあるので、まずその取り組みをすべきである。

危険ということで言うと柔道の危険性はよく言われている。

中学校の2009-2013の間で柔道の授業の負傷事故件数は21,526 件、柔道の部活動の負傷事故件数は32,013 件、
中学校における柔道の死亡事故については1983~2011 年度の29 年間において40 件発生している。
しかし柔道を一切禁止、または止めようという問題はおこらない。流山市の教育委員会はこの違いををよく考えねばならない。

なんでも危険なことはすべて避けるという風潮が強くなっているのは危惧すべき問題である。

事なかれ主義、問題回避、責任回避の姿勢については
姫路市立中学校で教諭いじめ隠しで中1生徒の骨折を「転んだことに」して報告し兵庫県教委は23日、男性教諭(58)を停職6か月の懲戒処分とした問題にも見られ嘆かわしい限りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

清原 覚醒剤、、、機動隊員自殺

清原和博元プロ野球選手が覚醒剤所持で逮捕された。
激震がはしり、ファンは彼がヒーローだっただけに一様にショックを受けているが、一方やっぱりという声も多い。
プロ野球界のスーパーヒーローも環境により自分に負けてしまう。
人間とはかくも弱いものかと思う
  ◆◆

兵庫県警の機動隊員2人が9~10月に相次ぎ自殺した問題で、県警が「パワハラやいじめといえる言動はなかった」として同僚隊員らの処分を見送ったことについて、父親の憤懣やるかたない苦悩が報じられていた。

実名を書いた遺書もあり精神的に追いつめられたことが明らかに伺えるにもかかわらず、警察は内部の失態や犯罪を常に覆い隠そうとする。
警察の権威と信頼は地に落ちて、この問題も時間とともに忘れ去られてしまう。 やりきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

ハロウィン狂想曲

150pxkobe_mosaic17s3072_2
ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。(ウィキペディアより)
アメリカでは家庭的で子供中心の行事であるのに対し
日本では特に都会のバカ(若)者を中心にハロウィンの意味すら知らず異常と思えるほどの馬鹿騒ぎをする。
日本人はクリスマスをはじめとしてバレンタインデー、ハロウィンと無信心で自主性、主体性のなさからなのかすぐに外国のものに影響され独特の進化を見せる。

経済効果が1200億円とか言われているが背景にはコマーシャリズムにうまく乗せられているのが実態だと思うが欲望からくる快楽主義に流されるのが気になる。

外国人には奇異とも見える日本人の特有な現象に批判的な意見が無いのも少し気がかりな面ではある。

ただ悪い面ばかりではなく内向的で他人との接触が希少になりつつある現代社会で仮装することにより楽しくなり他人と気軽にコミュニケーションが取れるようになる事は良いことであると思う。

またハロウィンのあとゴミ拾いのグループが後始末をしているのを見ると救われる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

太地町のイルカ漁ドキュメンタリー「Behind“THE COVE”」日本人女性監督、八木景子さん

Ent1509050015p1和歌山県太地町で11日、イルカや小型クジラの追い込み漁が行われハナゴンドウクジラ十数頭が初の水揚げとなった。
反捕鯨団体とみられる外国人がカメラで撮影したが、大きなトラブルはなかったという。

和歌山県太地町のイルカ漁(クジラ漁)は2010年に米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」(The Cove)の影響も大きく、すっかり悪者扱いされている。
また
世界動物園水族館協会(WAZA)が和歌山県・太地町の「イルカ追い込み漁」で捕獲したイルカ展示しないように
日本動物園水族館協会(JAZA)に圧力を加え最終的には、それに同意せざるを得ない状況になっている。

今般
カナダで開催の第39回モントリオール世界映画祭で、ドキュメンタリー部門にエントリーされた日本人女性監督、八木景子さん(48)制作の作品「Behind “THE COVE”」(ビハインド・ザ・コーヴ)が4日夜(日本時間5日午後)、現地の映画館で初上映された。

八木監督の初制作となった今回の作品は、太地町のイルカ漁を批判的に描き、2010年に米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」(The Cove)が日本の食文化や伝統を歪めて海外に伝えているとして、反証する映画でもある。
 
観客からは「これまでネガティブなイメージだったが、日本の捕鯨がなぜ続けられてきたのか理解できた」
「シー・シェパードはこんなにひどいのか」などの感想や

 30代のカナダ人男性は前日に「ザ・コーヴ」を鑑賞してから、この日の八木さんの作品上映に臨んだといい、
「八木さんの映画を見て、日本の捕鯨がどういうものかを理解できたし、ザ・コーヴの世界がウソだということがよくわかった。」という感想から
八木監督も真実のイルカ漁が伝わった手応えをつかんだようだという。

そもそも獣肉食の習慣は欧米が本家だし、自分たちのレジャーで鹿やうさぎを殺す行為は許されて、日本のイルカ漁やクジラ漁がダメなのか正当性がない。

やはり今回の八木景子のドキュメンタリー作品はイルカ漁(クジラ漁)を正しく理解させるきっかけになるし日本動物園水族環境会(JAZA)にも強い主張をしていってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

秋元康に物申す  AKB総選挙にみる狂想曲

昨日AKBの総選挙が華々しく、賑々しく行われ長時間中継したテレビ局などメディアを始め日本中が踊らされた。

AKB48はエンターテイメントとしては大成功しその手法は斬新なものとして評価されている。
今や日本中の少女がアイドルを目指し、青少年や、大人までもがとりこになっているのを見ると、何か異常なものを感じる。

秋元康には非凡な才能を感じるが大人としての正しい価値観を持てと言いたい。
金至上主義、利己主義がその思想の根底に透けて見える。

総選挙も単なる金儲けの手段にしかすぎず、ファン参加型の総選挙に投票するには、投票権付きのCDを購入しなければならない。
投票総数269万票というからCD一枚1500円とするとざっと40億円の売り上げになる。

問題なのは投票用紙欲しさにおなじCDを数十枚以上、金額で20万円近く購入する若者が多くいるということだ。
過去投票権欲しさの強奪事件や万引き事件も起こっている。

5月末、岩手で、刺傷事件がおこったAKBの握手会でも握手券のついたCDを購入しなければならなかった。
握手会は、お金を払ったら触らせてあげるという類となんら変わらないしファン心理を悪用した金儲けにほかならない。

秋元康はコメントすら出していない。
握手会で金を取るな、どどの世界でも聞いたこたがないし今後も金属探知機など警備を厳重にして続けるらしいがファンを大切にする気持ちなど感じられない。

不思議なのは秋元康のこのAKB48の展開手法に批判めいたコメントや問題視する論評がないことである。

日本を明るく、元気にするなど良い面も多いのだが陽のあたる面だけ注目するのではなく
転落人生を歩む多くの少女達や歪んだ青少年が増加する影の部分も忘れてはならないだろう。

日本の価値観が歪んでいくのを見過ごすわけにはいかない。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

何かおかしい 先生の今どき気質

日本のゆとり教育が失敗であったことの反省と修正で学力は回復してきたがそれでもある調査で自分を駄目と思う高校生が日本は86%にも達し,世界でも突出しているらしい。
似たような調査で親を尊敬しない子供の割合も多い。

いじめ問題、教育委員会問題など正しい価値観をもつ子ども、親を育てていくための日本の教育改革は最重要課題である.

そんな中,先日,公立中学校でクラスの担任を務める50代の女性教諭が今春、日曜の授業参観を欠席し、テレビ番組「NHKのど自慢」に出た事が報じられた。
また、「先生の公私」の問題では、埼玉の県立高校で担任教諭らが入学式を欠席し自分の子の入学式に出て話題になっており賛否の議論が沸騰している。

いずれの場合も事前に校長に相談して有給休暇を認められており、手続き上は問題がない。しかしなぜか許可を与える校長にも違和感を感じる。

教職が聖職と言われた時代から単なる職業の一つと考えられるようになった事も時代の流れで止むを得ないとは思うが、教育に使命感持ち教育が子供の人生をかえる重要な事であると認識している先生も少なくなっているのだろう。
とかく自由と権利を主張する風潮が強くなっている傾向に不安感がある。

いずれにしても調査結果で「問題だと思わない」が48%で、「問題だと思う」が44%。擁護派と批判派はほぼ拮抗(きっこう)していてこれでいいのだろうかと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

自己保身が倫理感を上回る社会

東電発表のうそ
原発事故を津波による被害と発表していたが、隠蔽していた33枚(事故当時11枚しか公表していなかった)
の写真で津波の到着時間が2分遅くその前に電源喪失があった可能性が高いことがわかった。
都合がいいように発表していたのである。

大津市教育長のうそ
いじめアンケートについて校長も教育長も都合の悪いことはすべて隠蔽し見え透いたうその言い訳に終始していた。
また見て見ぬふりまでして責任が及ぶのを避けていたことがわかった。。

いずれの例も事実が明るみになるにつれやりきれない怒りに襲われる。
共通するのは責任は何とか回避しようとする、都合が悪いことはうそをついてもかくす、さらに欲、損得がからむとさらにたちが悪い。

憂慮すべきはこのような例はまれではなくいろいろな場面で見られるようになっていることだ。
昔はといいたくないが
日本人にはもっと倫理感があり、反することには恥とする文化があった様に思う。
天網恢恢疎にしてもらさず、お天道様はみているよ、という思想があったがいつから変わってしまったのだろうか。

アンケートで自殺の練習をしていたという記述を見逃したなどという
見え透いたうそが公のまえで臆面もなく言えるような恥も外聞もない社会は見直さなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

滋賀県大津市の中2学生の自殺について

詳細は報道の通りだが教育委員会と学校の対応には重大な問題がある。
そこには教育に携わる者としていじめをなくそう、自殺を食い止めようという思いがなく
ただ起こりうる問題に対して責任を追及されるのを恐れるあまり見て見ぬふりをしてなんとかやり過ごそうとする。

アンケート調査で自殺のを練習させられていたとかかれている重大な事実も隠ぺいし,いじめは把握していなかった、自殺といじめの因果関係は不明と強弁する。
報道をみていると過去何度も見てきたのと同様に繰り返される言い訳に怒りと同時にやりきれない思いに襲われる。
また時間が経過するとともに忘れ去られ、忘れたころに同じことが繰り返される事が予測される。

この教育委員会と学校の体質にになんとしてもメスを入れなくては自殺した中学生に申し訳ない。

また日本に蔓延している責任を取ろうとしない風潮と他人事として見過ごす風潮に歯止めがなくなる。

幸いに越直美大津市長(弁護士、37歳)が涙の謝罪会見で外部の有識者による調査委員会を立ち上げるということなので、徹底調査の上、真実を公にしいじめ問題に一石が投じられる事を願う。

<

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

2011.3.11 東日本大震災でなくなられた人々のご冥福をお祈りいたします。

C_0024C_0025C_0026C_0027

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

東日本大震災 義捐金の行方

昨年の3月11日大震災からもうすぐ1年になる。
なかなか復旧、復興が進まないなか被災した人たちはどのような思いで1年を迎えることになるのだろう。

莫大な義捐金が集まったにもかかわらず被災者の手元に回らないという声がよく聞かれていたが義捐金の行方はどうなったのだろうという疑問は多くの国民が抱いているのではないか。

調べてみると

義援金は、日本赤十字社等から、まず被災都道県に送金され、各都道県の義援金配分委員会(新聞社やテレビ局も含めた民間人で構成)で被災者への配付基準が定められます。
その上で、市町村を通じ、銀行口座振込など の形で、被災者の手元に届けられているとのこと。

日本赤十字社が受け付けた義捐金は(2月29日現在)
2704048件 3,101億6,179万1,692円
送金した義捐金は 15都道県へ 3,465億9,073万5,278円(日本赤十字社と中央共同募金の両団体合わせての金額)

因みに日本赤十字社が4月に定められた配分の基本方針は
・死亡・行方不明者:1人当たり 35万円
・住宅全壊(焼):1戸当たり 35万円
・住宅半壊(焼):1戸当たり 18万円
・原発避難関係世帯:1世帯当たり 35万円』

日本赤十字社等では、未確定の被害に対応するための当面の留保分を除き、順次送金して いるということで
配り方に問題があったり、完全に信頼できない部分はあるにせよ少し安堵した。

募金活動も下火になりマスメディアもまったく触れなくなり国民の関心が薄れたが義捐金はまだまだ必要と思う。

日本赤十字社ももっと活動状況をアピールしマスメディアももっと取り上げるべきで再度募金キャンペーンを行って欲しいと思う。
Tc4_search_naver_jp


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧