科学

2023年11月 2日 (木)

スーパーカミオカンデを知ろう

8月にドライブ旅行の途中に偶然カミオカンデの前を通りかかり見学した時のことが印象に残っている。
スーパーカミオカンデは、岐阜県飛騨市神岡町旧神岡鉱山内の地下1000mに設置された、東京大学宇宙線研究所が運用する世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置である。ニュートリノの性質の全容を解明することを目的として、1991年12月に着工され、1996年4月より運用を開始している。
スーパーカミオカンデでニュートリノ振動を発見した梶田隆章氏は、2015年にノーベル物理学賞を受賞しました。
実験を主導した小柴昌俊氏は、2002年のノーベル物理学賞を受賞しています。

 

3分でわかるハイパーカミオカンデの目的

5分でわかるスーパーカミオカンデ 

動画ではないので下記のURLで情報を得てください。
https://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/sk/about/5min/
Nyutorino

Img_2195_20231102065401 Img_2183_20231102065401 Img_2184_20231102065401 Img_2176 Img_2177 Img_2178_20231102065401 Img_2180 Img_2179_20231102065401 Img_2181_20231102065401 Img_2182_20231102065401

| | コメント (1)

2023年5月 7日 (日)

伊吹山 イヌワシのライブ配信

米原市はイヌワシ子育て応援プロジェクトを実施しています。

その趣旨・目的 は
一部の悪質なカメラマンが巣に近づきすぎて親鳥が巣に戻れなくなったり、鹿の死体を持ち込んで餌付けが行われたり等、違法行為やマナー違反によりイヌワシの生育環境が脅かされています
撮影マナーの向上や撮影ルールを守る監視役とすることを目的に、イヌワシを警戒させないように設置された「無人リモートカメラ」により、自然環境を守りイヌワシの子育てのようすを見守ろうとするものです。
このライブ配信は令和5年4月1日(土曜日)から配信されています

イヌワシの特徴・生態
名称・分類:ニホンイヌワシ(タカ目タカ科)
大きさ:全長81センチメートルから89センチメートル、翼開長168センチメートルから213センチメートル
行動:つがいごとに非常に広い行動圏(平均60平方キロメートル、最大約250平方キロメートル)を持ち、ノウサギ等を主な食料とする
繁殖:1月から3月に産卵、抱卵期間は40日から45日程度、巣内育雛期間70日から94日程度

| | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

世界最小飛行機がすごい


| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

エジソンを超える 天才発明家、狂気の発明家  ニコラ・テスラ

Bd8354011405e6660594e51c10d9bf07 ニコラ・テスラは、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家である。 グラーツ工科大学で学んだあと1881年にブダペストの電信会社に入社し技師として勤務。1884年にアメリカに渡りエディソンのもとで働くが経歴、性格、やり方でことごとく反りが合わず特にエジソンの直流電流とニコラ・テスラの交流電流で意見が合わず1年後独立。

ニコラ・テスラの主な発明品

現代の生活があるのは
ニコラ・テスラのおかげだと言っても
過言ではないほどの発明家です。
●交流電流
●ラジオ
●電動モーター
●無線操縦システム
●レントゲン
●放電照明(蛍光灯)

更に日の目を見ていないというか闇に葬られた大発明に「世界システム」がある。
「世界システム」とは、地球上に存在する「電気エネルギー」を増幅させる装置「 テスラコイル 」を使って、 何もない所から「電気」を作り出す「フリーエネルギー」の装置 。

動画を紹介します。
宇宙の法則・3・6・9が意味するものとは

最強の天才、ニコラ・テスラにまつわる都市伝説!

 

二コラ・テスラ 秘密の告白
51b8zxmxkl Img_0538

 

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

はやぶさ2 ミッション「完全に完遂」 リュウグウ“ガス”と“砂”採取

入っていた砂粒は“大量” JAXA「感動するほど」(2020年12月15日) Kapuseru


 


はやぶさ2 「りゅうぐう」のガスを検出(2020年12月15日) Kapuserugas

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

日本の誇り はやぶさ2号の成功

12月6日
はやぶさ2号が小惑星「リュウグウ」から採取した地下物質の入ったカプセルをオーストラリアの砂漠に投下しその回収に成功した。このニュースが世界を駆け巡りこの偉業を称賛されている。
Pic_0720200722 「はやぶさ2」のミッションは、太陽系の誕生と生命誕生の秘密に迫る為
小惑星リュウグウの表面に人工的なクレーターを作り、地下のサンプルを持ち帰る事だった。リュウグウに2度タッチダウンし世界で初めて地下物質の採取に成功。
Ryugubasyo リュウグウとは
地球からの距離は約3億km(太陽・地球間距離は1.5億km)。
直径が約900mの小惑星で、太陽系が生まれた頃(今から約46億年前)の水や有機物が、今でも残されていると考えられている。
地球の水はどこから来たのか、生命を構成する有機物はどこでできたのか。そのような疑問を解くこと、また、最初にできたと考えられる微惑星の衝突・破壊・合体を通して、惑星がどのように生まれたのかを調べることも「はやぶさ2」の目的。


 


小惑星探査機「はやぶさ2」が地球にカプセルを投下後に軌道を変更し新たな探査を行うために、小惑星「1998KY26」に向かった。
地球と火星の間を回る小型の小惑星で、到着は11年後の2031年7月の予定。
20200913oyt1i500101  この小惑星は大きさが約30メートルで、高速で自転しているとみられる。はやぶさ2が探査した小惑星「リュウグウ」のように水や炭素が豊富な可能性があるといわれる。


 


今回の成功で「はやぶさ2」は
小惑星リュウグウに 地球から指令を電波で送って探査機に届くまでに17分の距離での探査機とのやり取りで
新しい技術を使った太陽系天体探査技術を見事に成功させ世界最先端におどりでた。
日本の誇りである。

追記 12/15
はやぶさ2 ミッション「完全に完遂」 リュウグウ“ガス”と“砂”採取 


| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

ふくろう 梟

Img_0902
石山寺の門前でふくろうの土鈴が目に留まったので購入。

ふくろうあれこれ
ギリシャのアテネの時代から知恵と学問の守護神として崇拝され、子供の健やかな
成長を願って世界中で可愛がられています。

ふくろうは縁起の良い鳥とされています。

『ふくろう=福籠=福がこもりますように』

『福老=老後も福がありますように』

『不苦労=苦労をしなくてよいように』

土鈴は『鳴る』ところから、『成る』と書けて縁起物として喜ばれています。

Strix_uralensis_kotka_finland_1
日本にはエゾフクロウ、フクロウ、モミヤマフクロウ、キュウシュウフクロウの4亜種が分布し九州以北から、四国、本州、北海道にかけて分布する留鳥。

目は人間の10-100倍ほどの感度があるとみられていて、目で遠近感をつかめる範囲は60-78度と広いが、視野は約110度と狭くこれを補うために首は上下左右約180度回り、真後ろを見ることができる。

体を動かさずに首だけで約270度回すことができる。発達した顔盤は小さな音を聞くアンテナとしての機能があり
左右の耳は大きさが異なり位置も上下にずれているため、音源の位置の方向と距離を立体的に認識することができる
聴覚が発達しており、音により獲物の位置を特定し、雪の下にいるノネズミや地上付近のトンネル内を移動しているモグラやミミズを仕留めることができる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

ガンに朗報 尿一滴でガンがわかる

2015年3月12日に
九州大学の研究チームが、細長い糸状の寄生虫である線虫「C.elegans」ががん患者の尿に引き寄せられ、健常者の尿は避けるとことを突き止めたとに発表した。

「n-nose」と名づけられたこの技術が実用化されれば、数百円の費用で高い精度を持つがん診断を受けられるようになるという。
研究チームはがん患者に特有の匂いがあることを利用し、 アニサキスやギョウチュウといった線虫が、がん細胞特有の分泌物の匂いに対して反応しがん組織の方を好むことが分かったという。

この診断技術は95%と これまでのがん診断よりも圧倒的に高い精度を示し、「ステージ1」の早期がんにも反応したことから、従来では見落としていた段階でのがんを発見できる可能性も示唆されているという。

10年くらいで実用化できるというからガンでの死亡率が激減する事が期待される。

因みに現在では
早期がんチェックに がんリスク検査「AICS」18900円が行われています。

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)とは?
血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、がんに罹患しているリスクを評価する新しい検査です。

健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようにコントロールされていますが、さまざまな病気になると、一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することが分かっています。この性質を応用したのがAICSです。

AICSの特徴
1回採血(約5ml)で、複数のがんを同時に検査することができます。
早期がんにも対応しています。

AICSの検査対象となるがん
男性では胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がんの合計4種のがんに対するリスクを評価します。
女性では胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんの合計5種のがんに対するリスクを評価します(子宮がん・卵巣がんについては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリスクを評価することはできますが、区別することはできません)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

STAP細胞はあるのかー小保方晴子氏へオファー

小保方晴子氏の問題でマスコミが騒いでいる中、彼女の可能性を認めたオファーが届いていて、ハーバード大の
バカンティ教授も帰っておいでといっているという。

いまSTAP細胞問題での関心が改ざん、捏造、コピペなどの方法論と不正の有無に集中している様に見えるが
もっと本質を見なければならない。

コピペの問題は科学ではタブーであることは理解しているが批判を承知でいうと、コピペも才能、過去の叡智を取捨選択しさらに一段上のものを発見、創造するという見方もできるのではないか

脱線したが理化学研究所・発生再生科学総合研究センター・笹井芳樹副センター長は会見でSTAPの存在を認めるような発言をした。

今国民が最も関心をもっているのは不正問題もあるが
正に未来のSTAP細胞の存在の有無と,その証明を世界に先駆け日本人の手で発表してほしいということだと思う。

理研は非を認めたくないとか、「特定国立研究開発法人」の候補であるとか、対面とか大人の事情に惑わされることなく
STAP細胞の存在を証明することに全力で傾注してほしい。

その意味では理研の検証に、真実にもっとも関係深い小保方晴子氏を排除しようとする姿勢は理解しがたい。
彼女への烙印はすべてが判明した後にでもいつでもできる。ましてや人材流出をさせてはいけない。

「STAP細胞はあります」 を信じたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

『STAP細胞はあります』ー小保方晴子さんの記者会見より

『STAP細胞はあります』

非常に強い口調であった。また、涙ながら
『研究者としての今後があるなら研究を続けたい』
と語った。
真相は不明のままだったが理化学研究所の会見より分があるように思う。悪意のあるねつ造、改ざんではない
事の弁明はできたのではないか

小保方さんはしきりに勉強不足と未熟さをわびていたが、言わされた感がありあまり卑下しなくてもよいと思う。

理化学研究所は改ざん、ねつ造があり不正と断定し小保方さん一人の責任にしてしまったが多くの共同研究者がいたわけだし
どうも早く成果を上げたい、成功のアドバルーンを上げたい、予算を多く獲得したい、
から一転、
理化学研究所の非を認めたくない、早く幕引きしたい、世間の思惑を気にするなど大人の事情を考えすぎているのではないか。

小保方さんは結論を間違っているわけではないので論文を取り下げる気はないと言っているし、手法はほめられたものでないにしろ本質のSTAP細胞の有無を確認する方向性を取るべきなので検証委員会は小保方さんを参加させるべきと思う。まして懲罰を課するべきものではない。

科学は厳密なもので情緒的にななってはいけないとはいえ、若い研究者の失敗、ミスをバッシングしてその可能性を摘み取るべきでなく、
着想力があり地道な研究を続けられる資質がある彼女に研究を続けさせる環境を用意してあげたい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)