素晴しき日本人

2016年5月24日 (火)

比叡山延暦寺と千日回峰行 Ⅱ 上原行照大阿闍梨と伊崎寺

5月14日(土)上原行照(うえはら ぎょうしょう)師の特別公開講座に参加した。

講座タイトル:「千日回峰行 山に溶け込むことから見えるもの」Img_9829dw
Img_9841dw450x300
上原大阿闍梨は、「千日回峰行の舞台となる仏が宿る山は、様々な煩悩から守ってくれる包容力を持っている」
と話され、また、9日間の断食・断水・不眠・不臥という難行の内容や、山上山下を距離にして7里半歩く意義など、わかりやすく解説されました。
人は神仏に守られているが目で見ることはできないが、風と同じで肌に感じたら存在はある。
人は仏になれる芽を持っているが煩悩が抑えている。回峰行の根本は神仏に触れることにあり、草木や石や山にそれを感じるようになる。
便利な世の中も居心地が良いかもしれないが、ちょっと不便な方が自らが動くことにつながり、本当の意味で、自己の危機を救ってくれることにつながるとも言われ感慨深いものがあった。

8960da069806c43e374cc1a4ebcdf4b2

回峰行で使用する草鞋、小田原提灯、杖
Dsc02490

千日回峰行
・一年目、二年目、三年目  百日間 山上山下七里半
   4年目から不動笠、白足袋の着用が許される
・四年目、五年目     二百日間 山上山下七里半
  九日間堂入り(明王堂) 断食、断水、不眠、不臥
*この行が終わると生身の不動明王と言われる大阿闍梨となり生き仏として拝まれるようになり自分のためではなく人々を救済しうるための行に移行する
・六年目  百日間 一五里 赤山禅院廻りが加わる
・七年目  百日間 二十一里 京都大廻りが加わる 
    残りの百日間は 山上山下七里半
Yuisho05

【上原行照(うえはら ぎょうしょう)師】(千日回峰行 大行満大阿闍梨)
姨倚耶山 伊崎寺 住職。
1959(昭和34)年 群馬県前橋市生まれ。
15歳で得度。
1985(昭和60)年より比叡山に23年間こもり、
1994(平成6)年には千日回峰行を満行。天正年間以降48人目の大行満大阿闍梨となる。
2008(平成20)年12月より伊崎寺住職となり、寺の復興に尽力している。

【伊崎寺】(回峰行者・天台修験の三大聖地の一つ)
比叡山無動寺を中心とする天台修験と関わりが深く、戦後は千日回峰行を満行した阿闍梨が
伊崎寺の住職を務めるようになり2008(平成20)年12月からは、上原行照大行満が住職を務めている。
Images2

Img_0850
Yuisho04

Img_0845

Img_0842

Photo03

5月22日(日)
伊崎寺を訪れ、山の中1キロある参道のその帰路、比叡山から戻られた上原大阿闍梨と偶然お会いでき、特別公開講座に参加した旨を伝えると、「遠くまでお参りいただきありがとう」と言われ、非常にありがたい気持ちになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

万能細胞発見の小保方晴子さん 他

■おしゃれで、なんとも可愛い割烹着姿の小保方晴子さん、
彼女の研究室の壁はピンクや黄色で、花柄のソファを置き「ムーミン」のシールなどが貼り付けてある。
とても世界が驚く新万能細胞STAP細胞を発見した学者とは思えない。
山中教授のSP細胞をしのぐ万能細胞の発見は日本の未来に大きな希望と力を与えてくれた。

■ノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)で優勝した高梨沙羅ちゃん、身長152cm まだあどけなさの残る17歳の可愛い少女だ。
今季13戦10勝と向かうところ敵なしだが取って当たり前といわれるときほどオリンピックで期待通り金メダルを取ることは至難の事と思うがぜひ金メダルを取って日本を喜ばせてほしい。

■若手バレエダンサーの登竜門として知られるスイスのローザンヌ国際バレエコンクールで日本人高校生が1位2位を独占した。
最優秀賞は松本第一高校2年の二山治雄さん(17)
第2位は横浜翠陵高校1年の前田紗江さんは(15)
若い二人が日本のバレエの実力が世界に示した事は誇らしい。

日本を再認識するのによい本がある
Picbooknihonwanazel2s
最近TVでよく見かける明治天皇の玄孫 竹田恒泰 著の
「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」である。
序章:世界で一番人気のある国「日本」
第1章:いただきます-「ミシュランガイド」が東京を絶賛する理由
第2章:匠-世界が愛する日本のモノづくり
第3章:もったいない-日本語には原始日本から継承されてきた”和のこころ”が宿る
第4章:なごみ-実はすごい日本の一流外交
第5章:八百万(やおよろず)-大自然と調和する日本人
第6章:天皇(すめらぎ)-なぜ京都御所にはお堀がないのか
終章:ジャパン・ルネッサンスー日本文明復興
巻末対談:日本は生活そのものが「芸術」だ
      ー北野たけし×竹田恒泰

さらに動画を見れば理解が深まるので紹介しておきたい。

最後に2013/8/4のブログも紹介しておきたい。

日本人が忘れているー美しき日本の残像 アレックス・カー

Ou09_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

日本人の喜び 山中教授(iPS細胞)でノーベル賞受賞

8日、山中伸弥教授のノーベル賞医学生理学賞受賞のニュースが駆け巡った。
最近、日本が自信を失うようなニュースや事件が続いていただけに日本人の良さ、素晴らしさ、自信や元気を取り戻させるこの受賞は本当に嬉しい。

山中教授の受賞の感想やことばも素晴らしい。

「受賞の感想をひと言で言うと『感謝』ということしかない。日本の皆さん、研究の支援をしている大学、多くの同僚、いつも私を励ましてくれた友人、
そして家族に心から感謝の意を表したい」

「日本という国に支えていただいて、日の丸の教えがなければ、
この素晴らしい受賞はなかったと心の底から思った。まさに日本という国が受賞した賞だと感じている」

「80を超えた母に報告できたことがよかった」

「喜びも大きいが、大きな責任感も感じている。iPS細胞技術は非常に大きな可能性はあるが、本当の意味で役立ったと言えるところまで
来ていない」

1個の受精卵が細胞分裂を繰り返し60兆個とも言われている人間の体を作っているが

このiPS細胞は人間の皮膚などの細胞を初期化して作られ、受精卵と同じもので新約開発や、再生医療に画期的
効果と役割を果たすことが期待されている。

日本の科学者が世界の人を救うことは非常に誇りに思う。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年11月 6日 (日)

TPP反対の中野剛志に共感

今、中野剛志が面白い。
元経産商官僚で現在京都大学大学院の准教授
TPPの反対論者として知名度が急上昇。

自己紹介で昨年5月まで経産省にいて利権にありつこうとしていたり天下り先を探そうとしていたり、後輩をいじめていたりしていたそうで
彼の話は切れ味鋭くユーモアもあり歯に衣をきせぬ論調は小気味いい。

下に掲載のYouTube【TPP】 中野剛志がブチギレているホントの理由 【良く知らない人向け】 をご覧ください。

以下Wikipediaより抜粋

著書
『国力論』 以文社、2008年。
『経済はナショナリズムで動く』 PHP研究所、2008年。
『恐慌の黙示録』 東洋経済新報社、2009年。
『自由貿易の罠』 青土社、2009年。
『考えるヒントで考える』 幻戯書房、2010年。
『TPP亡国論』 集英社、2011年。 ISBN 4087205843
『国力とは何か 経済ナショナリズムの理論と政策』 講談社現代新書、2011年。

経歴
神奈川県出身1971年生まれ
東京大学に入学。同大学教養学部教養学科(国際関係論)へ進む。
1996年 同大学を卒業。通商産業省(現経済産業省)に入省。
1999年 資源エネルギー庁長官官房原子力政策課原子力専門職に就任。
2000年 エディンバラ大学留学。
2003年 経済産業省資源エネルギー庁資源・燃料部政策課課長補佐。
2004年 同課燃料政策企画室併任。
2005年 エディンバラ大学よりPh.D取得。
2005年 同省エネルギー・新エネルギー部新エネルギー対策課課長補佐。
2010年 京都大学大学院工学研究科(都市社会工学専攻)藤井研究室に助教として出向。
2011年 京都大学大学院工学研究科(都市社会工学専攻)准教授。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

すばらしき日本人 杉良太郎

杉良太郎の福祉活動、ボランティア活動はかねてから知っていたが
テレビで「俺が君たちのお父さんだ--杉良太郎が泣いた日」という番組を見て、改めて杉良太郎に感銘を受けた。

杉良太郎にはベトナムに50人の里子がいる。
昔、おもちゃやお菓子を受け取らず、お父さん、お母さんが欲しいといった言葉に本当に求めているものは何かと気づき里子にしたのがきっかけという。
今その子は結婚して子供ももうけて幸せになっている。

杉良太郎のボランティア活動歴は既に52年に及び、15歳の時に刑務所に慰問に行き、真実の気持ちに触れ感動を覚えたのをルーツに活動を積み重ねていった。

彼の母は100%人のことを考える人で人に尽くす、人の為にするという母の教えが彼を福祉活動へ駆り立てた原点だったのだろう。

神戸震災のときも救いの手を差し伸べたし、今年の東日本大震災でもカレーの炊き出しや入れ歯洗浄剤などの
必要物資を差し入れた。

彼の細やかな心遣いが報道され広く人の知るところになった事はすばらしい事と思う。
彼の行動を売名行為と誹る人も多かったというが、
妻の五代夏子は彼は自分から言う事はないがボランティア福祉活動は地に足の着いた本物で誰も5億も、10億も金をかけて必要なときは借金してまで売名行為はしない、
そして福祉活動はやればやるほど限りがなく力が及ばない感じがあって、彼はやり続けるという。

最近やっと杉良太郎の福祉活動が認められメディアにも取り上げられる機会が増えた。

今回杉良太郎の主催するベトナムでの日越有効音楽祭はAKB48, EXILE、w-indsなどの人気グループも参加して大々的に開催されベトナム政府からは表彰状,日本政府からは感謝状を受けその意義は高く評価された。

50年あまりの活動で杉良太郎の個人としての福祉活動は充分過ぎるほどのものでこれからは啓蒙に力を注いで行って欲しいと思う。

今回のチャリティ音楽祭に参加したタレント、歌手をはじめ携わった多くの人が福祉活動の何たるものかの真実にふれ、
杉良太郎の言うように贅沢とか権力欲とか人間を本当に幸せにしないものに心を奪われる事なく、今もてる人が恵まれない人に手を差し伸べる福祉活動に参加するようになるとよいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

話題の人、一色正春元海上保安官と山口彊(つとむ)氏

● 海上保安本部の一色正春元海上保安官(44)は勇気があり正義感に共感。
G20110123000105590_thum

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐるビデオ流出事件で、守秘義務違反は不起訴処分となったが当然だ。
「いち国民としてやるべきことをやった」
と語ったが姑息な内閣を結果的には救ったといえる。ビデオ流出がな
くてもいずれ明るみに出たと思うし国際的信用も更に失うことになっただろう。
「sengoku38」の意味については明かすことはなかったがなんとなく推測できる。
今後は国政に転身して欲しいと思う。

●故山口彊(つとむ)氏に敬意
121009863_11n

先ごろ英BBCがテレビのコメディークイズ番組、広島と長崎で2度被爆し、昨年死去した山口彊さんを「世界一運が悪い男」と紹介したことで日本人に謝罪をしたが 実は大変立派な人であった。
彼は二度被爆したといっても誰も信じないだろうということと被爆者であることを知られたくなかった為口を閉ざしていた。しかし妻と子供を原爆の後遺症とみられる癌のため相次いで失ったあと、自分が長生きしていることに
自分は生かされている、原爆の悲惨さを伝える使命があると思うようになり記録映画に出演するなど原爆の悲惨さを伝える活動を行った。
特筆すべきは映画監督ジェームズ・キャメロンに手紙を送り、キャメロンは彼の願いを聞き2009年11月に来日し病室を訪問し、原爆をテーマにした映画を作ることを約束させたことだろう。
彼は英語で「私の役目は終わった。後はあなたに託したい」と語ったという。そして2010年1月長崎市内の病院で93歳で死去した。
非常に立派な人生であったと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

女性指揮者、西本智実

かっこよすぎる西本智実
1970年4月22日生まれ 大阪市出身 大阪音楽大学作曲科卒業後、国立サンクトペテルブルク音楽院に留学。
世界を舞台に活躍している女性指揮者で2010年10月よりロシア国立交響楽団首席客演指揮者となる。
日本の誇る人物のひとり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)