生活、季節、行事

2018年9月24日 (月)

大津駅前オープンモール2018

大津市ではJR大津駅から琵琶湖に向かう中央大通りやびわ湖の景観がスイスのジュネーブに似ていることから湖を生かしたまちづくりをジュネーブ構想と称し推進している。
その一環として9月24日にオープンモールが開催された。
Img_150_2


Img_151


Img_1154


Img_1156


Img_1157


Img_1153


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

5月5日こどもの日に考える。

総務省の発表によると、37年連続子供の数が減少し1553万人(前年比△17万人)となった。
出生数の減少が主な原因だが、日本の人口は2055年には1億人を割れ2100年には8400万人まで減少すると予想されている。

Gn2017071415

人口の減少は国力の減退に他ならず、生産に携わる年齢層の減少と高齢層の増加は、社会福祉のバランスを危ういものとする。
このことは30年前から予想されており政府の課題とされていたにも拘らず無策であり、今また数字を示すだけで有効な策を取ろうとしない。

出生率を問題にしても票につながらず自分の任期を考えた目先の事ばかりで国の将来を考えているとは思えない。
大臣をはじめ国会議員の意識によるところが大きいのである。


Koi
Images

Thvstpycj7

子供の日、端午の節句を改めて調べてみると
端午の節句は、昔から行われている行事のことで、もともとは病気や災いをさけるための行事であった。 その行事のために使っていた「菖蒲(しょうぶ)」が武士の言葉や道具に似ていることから、だんだんと男の子をお祝いする行事になっていった。
今では子どもたちみんなをお祝いするようになっている。
何故こいのぼりを飾るかというと「鯉」という魚は、強くて流れが速くて強い川でも元気に泳ぎ、滝をものぼってしまう魚。
そんなたくましい鯉のように、子どもたちが元気に大きくなることを願う意味が込められています。五色の吹流しは、子どもの無事な成長を願って悪いものを追い払う意味が込められています。

柏もちは柏の葉が、子孫繁栄の縁起を担ぐとされています。

菖蒲湯(しょうぶゆ)は菖蒲の葉っぱは香りが強いため、病気や悪いものを追い払ってくれるとされています。

かぶとを飾るのは、兜が体を守るために使われていた為、子どもの身を守って元気に大きく育つようにという意味が込められています。

純真無垢な子供たちに良い社会を引き渡していくのは大人の責務と思う。

5月5日こどもの日は改めてそのことを考える機会でもあると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

大津祭り2017 滋賀 動画

Img_20171009_0001

大津祭りは、江戸初期から続く天孫神社(てんそんじんじゃ)の例祭。
13基の曳山にはすべてに能や謡曲を題材にしたからくりがあり、様々な伝統行事を行います 。


Img_1183


Img_1193


Img_1194


Img_1199


Img_1221


Img_1215


Img_1231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

中秋名月 滋賀県石山寺

石山寺では毎年中秋名月に秋月祭が開催される。今年は4日 5日の2日間で各種イベントが催された。

Img_tuki
<石山寺 月見亭>
美しい景色を眺めるため建立され、平安時代の後白河天皇の行幸以来、天皇の玉座となっています。月見亭の上に浮かぶ中秋の名月は、近江八景の「石山の秋月」として知られています。


石山寺の前の瀬田川から上る中秋の名月

Img_1149


Img_1153


門をくぐると灯篭に誘導される
Img_1156


Img_1162


Img_1175

竹灯籠
Img_1164


Img_1177


Img_1166


Img_1169


月見亭から瀬田川、大津市内を望む。あいにくこの時月は雲に隠れていた。
Img_1171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

滋賀 近江神宮流鏑馬神事20170604

20160712

近江神宮流鏑馬神事
  武田流 日本古式弓馬術協会奉納
Img_923
近江神宮の御祭神の御在世の往時、折にふれて蒲生野で狩りを行った故事を偲び、
武田流鎌倉派の流鏑馬神事が行われる。本殿での神事「鏑矢奉献の儀」ののち表参道まで行列し
、数頭の馬に乗った射手が全速力で疾走する馬上から、3カ所設けられた的をめがけて矢を射る。


滋賀県制作ビデオ

滋賀県, 生活、季節、行事, 神社、仏閣 、古木 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

年賀状

Showpicture2

,世の中の方向性が正しい方向にむかうことを願わずにはいられません。
◆原発の再稼働
◆進まない行革
◆格差社会と貧困
◆外交下手 アメリカ、ロシア、中国、韓国、北朝鮮
◆アベノミクスの失敗
◆真実を伝えないマスメディア
◆国民の価値観の変化
◆日本語の乱れ


・などなど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

鎌ヶ谷広島県人会と広島カープ

千葉県鎌ケ谷市に広島県人会(会員40名)があり今年で10周年を迎える。
人口10万人の市に組織される珍しい県人会として広島の中国新聞に記事が掲載されたこともある。
会員は皆熱烈な広島カープファンで、25年ぶりの広島カープの優勝で大いに盛り上がった。
広島出身で会員の鎌ヶ谷市長も熱烈なカープファンだが、鎌ヶ谷市は日本ハムの2軍球場もあり日本ハムの
ファンが圧倒的に多いので表向きにはおとなしくしています。
Img_1247
県人会の一人が主催するパブリックビューイングで応援する県人会の会員

広島市内は日本一になれなかったため感謝セールが行われ来週には優勝パレードも計画されている。
市内三越百貨店のライオンには緒方監督のユニフォームを着せてムードを盛り上げている。
このユニフォームを鎌ヶ谷広島県人会の旗にしたく三越百貨店にユニフォームを譲ってほしいと
申し入れていて10周年記念式典に是非披露したいと願っている。

Img_1238


Img_1239


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

広島 とうかさん大祭

「とうかさん」は、広島市中区にある圓隆寺の総鎮守である「稲荷大明神」のお祭りで、えびす講・住吉神社祭りと並んで広島の三大祭りに数えられています。
御神体である「稲荷大明神」は法華経の守護神で稲荷を「いなり」と唱えず、音読みで「とうか」とよぶ。
「とうか大明神」は1619年(元和五年)に圓隆寺が建立されて以来三百九十余年に渡り 「とうかさん」として崇敬と親しみのうちに現在に至っています。
 「稲荷大明神」の御神体は大祭の3日間のみ(今年は6月3日4日5日の3日間)御開帳されます。
「とうかさん」は別名「ゆかたの着始め祭り」としても有名で、祭りの日を境に広島の街では艶やかな浴衣姿の女性が目に付くようになります。
祭りが繰り広げられる圓隆寺を中心とした中央通り一帯は、毎年45万人もの人出で賑わいます。
まさに広島の夏を代表するお祭りとして市民の方々に愛されています。
Img_0919

Img_0921

Img_0924


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

百万遍さんの手づくり市 浄土宗大本山百萬遍知恩寺

毎月15日御影堂前の境内を中心に約400店の手作りフリーマーケットが開催されています。
約1万人の来客があり、大層な賑わいをみせています。
手づくりの物でないと出店出来ず、他のフリーマーケットやガレージセールとは一線を画している。

浄土宗大本山百萬遍知恩寺」-浄土宗七大本山の一つ
「浄土宗をお開きになった法然上人が都の人々にお念佛の教えを説かれた「賀茂のかわら屋」が前身。 法然上人がお亡くなりになった後、その弟子の二世勢観房源智上人が法然上人の御影堂を建立。恩を知るお寺「知恩寺」と名付けられた。

Img_0286

Img_0288

Img_0297

Img_0304

Img_0315

Img_0316

Img_0317

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

早春 大津湖岸なぎさ公園 トンビ

近江の海(み) 春の広がり
 
 トンビかな

Img_0270

Img_0267

街灯の上にトンビ
Img_0266

Img_0265

Img_0261

【動画】鳴いているトンビ


| | コメント (0) | トラックバック (0)