神社、仏閣 、古木

2020年9月27日 (日)

仏様を知りたい 種類と役割

仏様についての種類、役割について、その区別が良くわからないので
調べてみました。

仏様の種類は、大きく分けると、「如来」「菩薩」「明王」「天部」「垂迹(すいじゃく)」の5種類。

【如来】
梵語で「真実から来た者」という意味で和訳が”如来”。
仏の中で、最高の境地に至った存在、最高位にあります。

釈迦如来、阿弥陀如来、大日如来  薬師如来など

阿弥陀仏は十方諸仏(じっぽう(宇宙)しょぶつ)の本師本仏(ほんしほんぶつ)です
阿弥陀仏とお釈迦さまの関係は、師匠と弟子、先生と生徒に当たります。

・釈迦如来(しゃかにょらい)
Photo_20200927100902平等院

インドの王子であったが、衆生の四苦(生・老・病・死)を
取除くため修行され悟りを得た如来。
仏法の開祖。

・阿弥陀如来(あみだにょらい)
釈迦と同様にインドの王子で修行の末に如来となった。極楽浄土の主。

Photo_20200927100901鎌倉大仏 

・大日如来
(だいにちにょらい)
Photo_20200927100802東寺

太陽の力の仏。
密教世界の最高位。
密教は、仏教の中でも教えが一般向けに明らかにされておらず、神秘的な要素を含み
日本では、真言宗、天台宗

・薬師如来
(やくしにょらい)
梵語で「医者の長」の意味。
Photo_20200927100903奈良元興寺

【菩薩】
梵語で「悟りを求める者」いう意味。
菩薩は如来になる前の存在で、修行中のお釈迦様をモデルにしています。

種類としては、地蔵菩薩、弥勒菩薩、観音菩薩など
弥勒菩薩(みろくぼさつ)
Photo_20200927101001中宮寺奈良 最も有名

 

釈迦滅後56億7000年後に現れ人々を救済する菩薩。
釈迦の次世の仏。ちなみに56億7千万年後とは、地球を含む太陽系が消滅する余命とほぼ一致しています

・聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)

願いを唱えれば衆生の苦悩に応じて
三十三の姿に身を変え(三十三観音)
現世利益を叶えてくれる菩薩。
(聖十一面・千手・不空羂索観・馬頭・如意輪観音は変化観音)

Photo_20200927102901十一面千手千眼観音像 大阪葛井寺

・普賢菩薩(ふげんぼさつ)
Photo_20200927101202岩船寺

普賢とは、「普遍の教え」との意味。
諸仏の理性を示し慈悲をつかさどる菩薩。
菩薩の中では高位で「行の菩薩」。

 

・文殊菩薩(もんじゅぼさつ)

釈迦の滅後インドに生まれた実在の人物と伝えられています。
「文殊の知恵」と言われる様に知恵の菩薩。
Photo_20200927101201安倍文殊院

・地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
Jizou六波羅蜜寺

釈迦滅後より弥勒菩薩がこの世に現れるまでの
無仏世界に現れ六道輪廻に苦しむ人々を救済する菩薩。
無仏時代の救世主。

六道輪廻
仏教において、衆生がその業の結果として輪廻転生する6種の世界(あるいは境涯)のこと
六道とは天道(てんどう)人間道(にんげんどう)修羅道(しゅらどう)畜生道(ちくしょうどう)餓鬼道(がきどう)地獄道(じごくどう)

・虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
日光菩薩、月光菩薩(にっこうぼさつ・げっこうぼさつ)
薬師如来に従い病気の人々を救済する菩薩。薬師如来の補佐役。

・勢至菩薩(せいしぼさつ)
知恵の光によって人々の迷いを取り除く菩薩。

Sanzen_三千院

【明王】
バラモン・ヒンドゥー教の神々で、如来、菩薩に次ぐ仏格。
(如来の使者)
如来の命を受けて怒りの形相になって現れた仏。
如来と菩薩に次ぐ仏様ですが、その役割は仏の教えに従わない者たちを正しく導く事です。
役割は如来や菩薩など上位にいる仏様、あるいは仏道そのものを守護する事に尽きます
Photo_20200927101203東寺不動明王像

【天部】
仏様に帰依した古代インドの神々を指しています

【垂迹(すいじゃく)】
仏・菩薩(ぼさつ)が民衆を救うため、仮の姿をとって現れること。
垂迹の中でも位(ランク)が高い仏様に、羅漢などがあります。
羅漢とは、阿羅漢の略称で、仏教において最高の悟りを開いた高僧の事を言います。つまり、お釈迦様の弟子は羅漢に当たります

Photo_20200927104201

川崎大師 五百羅漢

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018年11月23日 (金)

滋賀 湖南三山 国宝 天台宗 長寿寺

奈良時代に創建 ご本尊 子安地蔵菩薩

Img_1331


Slide_1


Img_1337


Img_1339


Img_1341


Img_1342


Img_1332


白山神社は長寿寺の鎮守社。長寿寺本堂南側にある見事な室町建築の拝殿は重文
Img_1336


| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀 湖南三山 国宝常楽寺 

湖南三山 国宝 天台宗 阿星山 常楽寺
近江西国観音霊場大一番 
びわ湖百八霊場第九十五番
Img_1327


Img_1314


Img_1315


Img_1317


Img_1319


Img_1321


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

太郎坊宮(滋賀・阿賀神社)で中健次郎先生の気功講習会に参加した。

太郎坊宮、阿賀神社、通称「太郎坊さん」  勝運の神 ご祭神は天照大神の第一皇子。
標高350mの赤神山の中腹に、約1400年前に創建された。鎮座地の赤神山は巨岩が露出し、見るからに神秘的な神宿る山で、天地万物を崇め自然の営みに感謝する神道の教えである磐座信仰の地である。
中健次郎先生は矢作直樹先生(元東大医学部教授)に本物の気功家と紹介され、温かい人柄とインド中国などの自己の体験談を交えた分かり易い指導法は大人気。
気功の神髄は天と地の気、広大な宇宙の気につながり体の緊張から解放され、本来の自分、あるがままに気づくことであると感じた。
<看破放下>真相を見極め、執着を手放すことにより、心、気、体、霊性のバランスが取れる。Img_1290


Img_1284


Img_1283


Img_1285


Img_1278


Img_1281


Img_1282


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

甲賀 櫟野寺の観世音菩薩座像 33年に1度の大開帳

滋賀県甲賀市で 櫟野寺の観世音菩薩座像の 33年に1度、重文で国内最大の観音座像の大開帳が始まった。
観世音菩薩座像は頭と胴体を1本の木から彫り出す一木造り。台座も含めて高さが5.3mと国内最大。

Img_1248


Img_1249


Img_1247


Img_1246


Img_1251


Img_1252

櫟野寺の隣の民家 コスモスが美しい
Img_1255


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

近江富士 三上山 御上神社

Img_1113
国指定重要文化財 御上神社 楼門

Img_1115


Img_1116
国指定重要文化財 御上神社 拝殿

Img_1121


Img_1122
国宝 御上神社 本殿

Img_1119


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

金比羅山 こんぴらさん

参道入口から御本宮まで石段の数は785段(奥社まで行けばなんと1,368段)あり、大物主神(おおものぬしのかみ)と崇徳天皇を祀る御本宮には海上守護・農業・殖産・医薬など、様々なご利益があると伝えられています。

Img_1433


Dsc03856_2


Img_1404


Img_1408


Img_1409


Img_1410


Img_1411


Img_1413


Img_1414


Img_1415


Img_1416


Img_1418


Img_1423


Img_1429


Img_1430


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

四国八十八ヶ所霊場の75番札所. 善通寺

Logo

真言宗善通寺派の総本山であり、四国八十八ヶ所霊場の75番札所.
弘法大師の御誕生所である善通寺は、京都の東寺、和歌山の高野山とならぶ弘法大師三大霊跡のひとつとして信仰を集めている。

西院には、もともと、お大師さまの出自の佐伯家の邸宅があり
東院は、お大師さまが自ら建立された、もともとの「善通寺」です。
善通寺の創建 は807年で 善通寺伽藍諸堂が落慶したのは弘仁4年(813)で唐の長安・青龍寺の伽藍を模して建立された。


Img_1370


Img_1367


Dsc03821


Img_1378


Img_1380


Img_1381


Img_1382


Img_1385


Img_1388


Img_1389


Img_1392


Img_1399


Img_1398


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

今朝(2/25 8:30)の赤山禅院

赤山禅院(せきざんぜんいん)は、京都市左京区修学院にある天台宗の寺院。延暦寺の別院(塔頭)の一つ。本尊は泰山府君(赤山大明神)。京都御所から見て表鬼門の方角(東北)に当たるため、方除けの神として、古来信仰を集めた。拝殿の屋根の上には、御所の東北角・猿ヶ辻の猿と対応して、御幣と鈴を持った猿が安置されている。
毎月25日は、赤山大明神の縁日です。千日回峰の上原行照大阿闍梨(現在伊崎寺の住職)のお加持があります。
赤山禅院は地元の人から方位除け、厄除けの禅院として信仰されています。そして喘息や気管支炎が良くなる禅院としても知られています。
Img_0715

Img_716


Img_0713


Img_0717


Img_0714


千日回峰で使用された草履

Img_0710

赤山大明神
赤山禅院には2カ所大きな数珠の門があります。この門は願いごとが叶うパワースポットです。
最初にくぐるのが正念誦(しょうねんじゅ)と呼ばれる数珠の門です。くぐるときに心にパッと浮かんだ願いごとをとなえます。願いごとを考えながら境内をまわりましょう。

Img_0718


Img_0719

三十三観音、十六羅漢
Img_0723


Img_0725

福禄寿殿
Img_0726


Img_0727

最後にもう一つの数珠の門、還念珠(じゅねんじゅ)を通るときに願い事を叶えるための努力することを誓ってください。すると願いを叶えるために仏様が力を貸してくれます。
Img_0712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

2017紅葉 滋賀 三井寺

三井寺は、正式には「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山です。平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚の卓越した個性によって天台別院として中興され、以来一千百余年にわたってその教法を今日に伝えてきました。
Img_1274


Img_1277


Img_1279


Img_1284


Img_1286


Dsc03703


Dsc03707_2


Img_1292


Img_1293


Img_1297


Img_1300


Dsc03717


Dsc03718


Dsc03723


Img_0556


Img_0558

三井寺から琵琶湖を望む
Img_0548


| | コメント (0) | トラックバック (0)