神社、仏閣 、古木

2017年11月20日 (月)

2017紅葉 滋賀 三井寺

三井寺は、正式には「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山です。平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚の卓越した個性によって天台別院として中興され、以来一千百余年にわたってその教法を今日に伝えてきました。
Img_1274


Img_1277


Img_1279


Img_1284


Img_1286


Dsc03703


Dsc03707_2


Img_1292


Img_1293


Img_1297


Img_1300


Dsc03717


Dsc03718


Dsc03723


Img_0556


Img_0558

三井寺から琵琶湖を望む
Img_0548


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

2017紅葉 湖南三山 長寿寺

長寿寺(天台宗)は奈良時代、良弁僧正によって建立された勅願寺で、現在国宝に指定されています。
中世には源頼朝、足利氏らの祈願所となり発展しました。しかし、天正の頃、織田信長の手によって三重塔は居城である安土城へ
、楼門は栗東市の蓮台寺へと移築され、主要な建物を失いました。Dsc03707


Img_1246


Img_1248


Img_1251


Img_1252


Img_1257

弁天堂
Img_1259

Img_1262


Img_1263


Img_1264


Img_1266

鎌倉時代に建立した日本最大の石造多宝塔
Img_1267

Img_1268


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

天然記念物 老大樹 犬塚の欅(けやき)

長等山のふもと、散歩中に日赤病院の近くで欅の大木にであった。
大津市指定文化財、天然記念物で「犬塚の欅」という。
蓮如上人が京都から大津に難を逃れてやってきたとき毒殺されそうになった時忠犬が身代わりになって死んだのでこの犬を埋めた塚に欅を植えて弔ったという伝説が残っています。
Img_2325_2


Img_2329


Img_2326


Img_2332


Img_2336


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

大津祭り2017 滋賀 動画

Img_20171009_0001

大津祭りは、江戸初期から続く天孫神社(てんそんじんじゃ)の例祭。
13基の曳山にはすべてに能や謡曲を題材にしたからくりがあり、様々な伝統行事を行います 。


Img_1183


Img_1193


Img_1194


Img_1199


Img_1221


Img_1215


Img_1231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

中秋名月 滋賀県石山寺

石山寺では毎年中秋名月に秋月祭が開催される。今年は4日 5日の2日間で各種イベントが催された。

Img_tuki
<石山寺 月見亭>
美しい景色を眺めるため建立され、平安時代の後白河天皇の行幸以来、天皇の玉座となっています。月見亭の上に浮かぶ中秋の名月は、近江八景の「石山の秋月」として知られています。


石山寺の前の瀬田川から上る中秋の名月

Img_1149


Img_1153


門をくぐると灯篭に誘導される
Img_1156


Img_1162


Img_1175

竹灯籠
Img_1164


Img_1177


Img_1166


Img_1169


月見亭から瀬田川、大津市内を望む。あいにくこの時月は雲に隠れていた。
Img_1171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

滋賀 近江神宮流鏑馬神事20170604

20160712

近江神宮流鏑馬神事
  武田流 日本古式弓馬術協会奉納
Img_923
近江神宮の御祭神の御在世の往時、折にふれて蒲生野で狩りを行った故事を偲び、
武田流鎌倉派の流鏑馬神事が行われる。本殿での神事「鏑矢奉献の儀」ののち表参道まで行列し
、数頭の馬に乗った射手が全速力で疾走する馬上から、3カ所設けられた的をめがけて矢を射る。


滋賀県制作ビデオ

滋賀県, 生活、季節、行事, 神社、仏閣 、古木 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

国指定史跡 義仲寺(ぎちゅうじ) 滋賀県大津市

義仲寺は無名庵ともいい、元暦元年(1148)に没した木曾義仲のために、巴(ともえ)御前が草庵を営み供養を続けたので巴寺と称したのに始まるとされている。
天文22年(1553)佐々木義文が木曾義仲の菩提のために建立したものとされる。

境内には木曾義仲と松尾芭蕉の墓が並んでいるので、「木曾殿と背中合わせの寒さかな」の句で有名である。現在の義仲寺は芭蕉の遺跡として訪れる人が多い。

寺内には朝日堂、無名庵、翁堂、粟津文庫が建ち、義仲公墓、芭蕉翁、巴塚があり、翁の句碑を始め
碑文が多い。

芭蕉

芭蕉は、寛永21年(1644)伊賀上野(現伊賀市)に生まれた。
元禄2年(1689)「奥の細道」の長旅を終えた芭蕉は、その疲れを癒すため、義仲寺に入った。
芭蕉はしばしばこの地を大津での居所として大津を愛し第二の故郷になった。
芭蕉は1694年大坂の旅舎でなくなる(享年51才)遺言により遺骸は義仲寺に葬られた。

Dsc03094


Dsc03091

木曾義仲の墓
Dsc03067

巴午前の墓
Dsc03085

芭蕉の墓
Dsc03070

芭蕉翁句碑 古池や蛙飛びこむ水の音
Dsc03090

芭蕉桃青の句碑 行春をあふミの人とおしみける
Dsc03089

朝日堂 義仲寺本堂 本尊は木彫正観世音菩薩。義仲公、芭蕉翁ほか併せて三十一柱の位牌が安置されている
Dsc03088

翁堂 
Dsc03084

正面祭壇に芭蕉翁座像、左右の壁上には三十六俳人の画像、天井には伊藤若冲の四季花卉の図がある
Dsc03077

伊藤若冲の四季花卉の図
Dsc03076

木曽神社
Dsc03080

芭蕉翁句碑 旅に病んで夢は枯野をかけ巡る
Dsc03072

びわこ おおつ観光インターネットチャンネル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

皇室ゆかりのお寺「総本山 圓満院門跡」 滋賀県大津市

圓満院は、寛和三年(987年)創立の皇室ゆかりの門跡寺院で村上天皇の第三皇子悟円親王の開基です。
明治11年に明治天皇、明治13年と45年に当時東宮でいらっしゃった大正天皇が行幸された由緒ある門跡寺院です。
「門跡」とは、皇族その他の出身者によって相承される特定の寺院を指す称号で、現在全国に17ヶ寺あります。
圓満院は水子供養のお寺としても広く知られております。
本尊の「秘仏金色不動尊」は、運を開き願いをかなえる不思議なお力のある不動明王として信仰を集めています。Fudou_2


Mainphoto_2


Dsc02994_2


Dsc02997_2


Dsc02998_2


Dsc02999_2


Dsc03001_2


Dsc03004_2

大津絵美術館
Otsuemuseum_2


Otsuehistory_2


Images_1


Images


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

芭蕉の池がある岩間寺 ボケ封じのお寺

岩間山正法寺(元正天皇勅願寺)は京都・滋賀の境にある標高443mの岩間(いわま)山頂付近にあります。奈良時代に、泰澄(たいちょう)がカツラの木で千手観音を刻み、本尊にしたのが始まりと伝えられています。
室町時代に西国三十三カ所霊場の第12番札所となって以来、多くの巡礼者が参詣するようになりました。
本尊の観音像は、人々を苦しみから救うために、毎晩136の地獄を巡るので全身から汗を出すといわれ、「汗かき観音」として、また「ぼけふうじ観音」としても広く慕われています。
 本堂横にはしっとりとした独特の趣がある古池があります。この池は、「芭蕉の池」といわれ松尾芭蕉(1644-94)が「古池や蛙飛び込む水の音」
という名句を詠んだといわれています。

Dsc02724

聖観音像はおじいさん、おばあさんがすがっている像でボケ封じ、長生きの観音様としてお参りされている。
Dsc02728


Dsc02733

雷神様が宿っていると言われる樹齢450年大銀杏
Dsc02734

本尊
Dsc02736

日本唯一 夫婦長寿桂
Dsc02738

古池や、蛙とびこむ、水の音
Dsc02745

芭蕉の池
Dsc02748

近くの奥宮神社からの眺望
Dsc02740


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

旧竹林院 ー滋賀県大津市坂本

比叡山のふもとにある大津市坂本は、門前町として古来からおおいに栄えてきました。
一帯は国の重要伝統的建造物郡保存地区に選定されています。
なかでも里坊は、歴史の街・坂本ならではの町並みをつくっています。
里坊は延暦寺の僧侶の隠居所で、今も数多く残されています。旧竹林院は、こうした里坊のひとつで
邸内には主屋の南西に妬く3,300㎡の庭園が広がり、2棟の茶室と四阿(あずまや)があります
Dsc02631

Dsc02633

Dsc02637

Dsc02641

Dsc02645


Dsc02635


| | コメント (0) | トラックバック (0)