My favorite

2015年4月23日 (木)

23(フミ)の日

毎月23日はふみの日です。

いつも見かけるのポストの写真です。

Fullsizerender


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

春 満開 チューリップ

散歩の途中で出会ったチューリップたち

Img_1227_new

Img_1228_new

Img_1230_new

Img_1231_new

Img_1232

Img_1233

Img_1234_3

Img_1239

Img_1240

Img_1241_new_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

子供が好き

子供がすき

すんだ瞳

穢れを知らない純真無垢な表情

可愛い声

この子らに明るい社会を残していけるか

大人の責任は重い

Img_1159

Img_1163

Img_1165


Img_1170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の一コマ

早くもオタマジャクシが誕生していた。
Dsc01532

水仙
Dsc01534

木瓜の花
Dsc01535


Dsc01538

白鷺と青鷺
Dsc01490


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

春爛漫  桜と菜の花

絶好の花見日和に桜の名所で知られる埼玉県幸手市の権現堂堤に出かけた。
青空のもと桜も菜の花も満開でピンクと黄色が非常に美しい。
C01194
C01197
C01202
C01205
C01212
C01217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

春の訪れ  散歩で撮った写真 Ⅱ

15日(土にみたガマガエルのいた場所に行ってみた。無数のたまごが産み落とされていた。Dsc01159

畑の畔道のふきのとう
Dsc01161

咲き始めたボケの花
Dsc01163_1_3

増え続けるのが気になっているモズ
C01170

カワセミは一瞬飛び去るのを見たが写真に撮れなかったので12月に撮影した動画を紹介します。

<追記>
  ↓↓
4月2日に行ってみるとガマガエルのたまごは無数のオタマジャクシになっていた
C01225

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

春の訪れ  散歩で撮った写真

暖かく好天に誘われデジカメをもって散歩に出かけた。
ガマガエルの鳴き声が激しく聞こえたので近づくと10数匹のガマガエルが冬眠から目覚めて
繁殖行動の最中だった。
C01145
メスを求め?団子状態になったガマガエル
C01148
晴天に咲き誇る梅のはな
Sc01153
小川に咲き始めた菜の花
Sc01156
このあたりに住みついているカワセミ
C01143
☆写真をクリックすると大きな画像が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

迎春

Uma


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

カワセミの写真と動画

今日は風は冷たかったが好天だったのでデジカメをもっていつもの散歩道に出かけた。
湿地帯の木道に沿って流れる小さな川で時々見かけるようになったカワセミを見つけ慌てて撮影した。
2回も川にダイブしてえさをとったところは逃したが、なかなか近くでとることは難しいカワセミを今日は運よく動画も撮影でき大満足のウォーキングであった。
Kawa2
Kawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

巣立ち間近のつばくろの写真

新東名高速のSAでツバメの巣があり親鳥が巣立ち間近の雛に餌を運んでいた。
ほほえましくデジカメのシャッターを切った。

*写真をクリックすれば拡大写真が見れます。
D640_4

D642_2

D629

D643

D648

ツバメ
●スズメ目、ツバメ科に属する鳥類
●脚は短く歩行には不向きで、巣材の泥を求めるとき以外は地面に降りることはめったにない
飛翔する昆虫などを空中で捕食する。また、水面上を飛行しながら水を飲む。
●北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県以外で繁殖し、沖縄県では旅鳥[5]。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。
一部、越冬する個体があり、しばしば「越冬ツバメ」と呼ばれる
●泥と枯草を唾液で固めて巣を造る。
民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖する傾向が顕著である。これは、天敵であるカラスなどが近寄りにくいからだと考えられている
●産卵期は4 - 7月ごろ。一腹卵数は3 - 7。主にメスが抱卵する。抱卵日数は13 - 17日。その後の巣内での育雛日数は20 - 24日。1回目の繁殖の巣立ち率は概ね50%程度と推定される。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧